シークワサーの効能を理解してダイエットに役立てよう


皆さんこんにちはPT.soujiです。

みなさんはシークワサーをご存知でしょうか?今回はこのシークワサーについてのお話です。

スポンサードリンク

◎はじめに

シークワサー」。皆さん一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

最近ではスーパー等に並んでるのを見ますし、コンビニのジュース・酒類コーナーでも見かけることも多くなりました。

シークワサーは沖縄を中心とした日本南部の暖かいところが産地として知られています。

見た目は緑色で温州みかんに似てます。

味はご存知の通り酸味が非常に強いのですが、黄色く熟すると甘みが出てきます。

シークワサーの名前の由来は沖縄の方言であると言われており「シー」が酸っぱいで「クワサー」が食べる・食べさせるで「シークワサー」と呼ばれたのが始まりです。

沖縄では古くから食べられており一説では沖縄の長寿はこのシークワサーのおかげだという話もあります。

スポンサードリンク

◎シークワサーの成分

シークワーサーの主な成分はビタミンC、クエン酸、ノビレチン、シネフリン、カリウムです。

他の柑橘類と同じようにビタミンやクエン酸などが多く含まれていることに加えて最も注目すべきはノビレチンとシネフリンでしょう。

ノビレチンはフラボノイドの一種血糖値を下げる、血圧の上昇を下げる、脂質・基礎代謝改善、コレステロール値低下、アルツハイマー認知症など予防など血管・血流改善に効果的です。

シネフリンは食欲を抑える効果に加え、脂肪分解酵素と呼ばれるリパーゼというホルモンの分泌を促進し脂肪の代謝を促進する効果が期待できます。

この二つの特徴的な成分はダイエットに効果的に働きます。

またその他の成分であるカリウムはむくみの予防、クエン酸は疲労回復、ビタミン群は美肌効果や体調を整えるのに効果的であり、シークワサーに含まれる成分は健康・ダイエットに欠かせない物ばかりと言えます。

スポンサードリンク

◎おすすめの食べ方

先ほどお話したようにシークワサーに含まれる栄養成分は健康・ダイエットに効果的であり、ここではそのシークワサーの成分をしっかりと取り入れるための食べ方をお話します。

シークワサーの特徴的な成分であるノビレチンは果肉の分部より皮の部分に多く含まれています。

そのため食べる際は皮ごと食べることをおすすめしますが、通常皮は苦く果肉は酸味が強いためそのままでは食べにくいため、皮ごと丸ごと搾ったジュースにしての食べ方をおすすめします。

加工品の中には甘味料を加え美味しく飲めるものもありますが、

しぼり汁にオリーブオイル・塩・コショウなどを混ぜドレッシングで野菜としていただくと野菜の食物繊維も多く取れてダイエットにより効果的です。

 

◎まとめ

いかがだったでしょうか?

シークワサーに含まれる成分がダイエットにはとても効果的であることが伝わりましたでしょうか?

シークワサーは単体で取ることも良いのですが、ドレッシングなどで、ダイエットに効果的な野菜類などと一緒に取ることでより効果的になるものと思います。

シークワサーをうまく利用してより健康的に効率よくダイエットに役立てましょう。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。


投稿者: PT.souji

はじめまして。 職種は理学療法士で、休日はスポーツトレーナーとして活動しております。 理学療法士、介護福祉士、キネシオテーピング協会認定トレーナーの 資格を持っています。 身体のメカニズムから健康・ダイエット・栄養学・スポーツバイオメカニクス等を勉強しており、 それを活かしてスポーツトレーナーとしても個人、 団体のクライアント様へのサポートをさせていただいてます。 また、ダイエットの情報を発信することにより、 少しでもダイエットに悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す