もちもち食感がクセになる もちきびでダイエット

みなさまこんにちは☆ 私はmochaと申します。

 

みなさんは「もちきび」と聞いて、

どんな食べ物かすぐにわかりますか?

 

わたしは雑穀を食べるのが好きで、

お米に混ぜて炊くことがよくあるのですが

雑穀の中に混ざっている、黄色いぷちぷち

 

あれがもちきびなのです。

 

イネ科の植物で、

上記のように雑穀米として食べられることが多いのですが

もちきびが持つ

健康・美容への効果と、

バリエーションに富んだレシピ

あまり知られていないのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

★豊富なビタミン・ミネラル

もちきびはビタミンやミネラル類を豊富に含む

栄養的にとても優秀な食材です。

 

ビタミンB1・ナイアシン・ビタミンB6は白米の2倍

ビタミンB2はなんと3倍も含んでいるのです。

 

またミネラル類も、カリウムと亜鉛が白米の2倍

マグネシウムが4倍も含まれているのです!

 

ビタミンB2

脂肪を燃焼させるのに

欠かせない栄養素ですし、

 

カリウム

水分代謝をしてむくみ防止の効果があります。

 

どちらの栄養素も豊富なのは、

ダイエッターにとってかなりうれしいことですね。

 

スポンサードリンク

 

★白米だけ食べるのはもったいない!

もちきびの鮮やかな黄色。

実は抗酸化物質である

ポリフェノールの色

なのです。

 

ポリフェノールにはアンチエイジング効果があり、

美肌をつくるサポートをしてくれます。

 

もちきびには食物繊維も豊富に含まれていて、

その量は白米の3倍以上!

 

ダイエット中はどうしても

食物繊維不足から便秘になりやすくなります

 

わたしは

「体重が減ってきているのにおなかがぽっこり」

という残念な現象を

何度も経験したものです。

 

そんなことにならないために、

ダイエット中こそ食物繊維

をとりたいものですね。

 

 

白米にもちきびを合わせて食べると、

たくさんのメリットがあります。

 

せっかくご飯を炊くのなら、

ぜひもちきびをセットにしましょう。

 

スポンサードリンク

★食べ方いろいろ もちきびのアレンジ

もちきびの基本的な食べ方は、

白米と一緒に炊くだけです。

 

炊いたもちきびご飯は、

カレーやチャーハンなどにしても

おいしくいただけます。

 

もちきびを主食としていただく方法のほかには

・揚げ物の衣にする

 

・和菓子などのスイーツに利用する 

※きびだんごはもちきびから作られます

 

・サラダのトッピングやドレッシングに

など、いろいろな食べ方があります。

 

レシピサイトで検索すると、

意外にたくさんのレシピが見つかるので

探してみてはいかがでしょうか。

 

★まとめ

・もちきびには脂肪や水分の代謝に欠かせない栄養素が豊富に含まれている。

ポリフェノール食物繊維も豊富で、美容と健康の維持をサポートしてくれる。

・レシピはお米と一緒に炊く以外にも。アレンジ次第で飽きずに食べられる。

 

黄色いつぶつぶたちが、

こんなに多くの栄養素を含んだ食材だったとは驚きですね。

 

そんな食材が、お米と一緒に炊くだけで食べられるのなら

もうもちきびを混ぜない理由はありませんよね!

 

体の中から美しく、健康的にダイエットをするために

効率的なもちきびをあなたの日常生活にも

取り入れてみませんか?

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

投稿者: mocha

はじめまして。北海道在住のmocha(モカ)です。 本業は研究機関でオフィスワークをしています。 『ダイエット』と言えば、私は18歳から36歳までの約20年間もの間、 数えきれないほどのダイエットとリバウンドを繰り返してきました。 42歳になった現在は理想のスタイルを手に入れ、 ダイエットとは無縁の日々を過ごしておりますが、 ダイエット中のエピソードは尽きることがありません。 そんな経験を活かし、ダイエットの情報を発信して、 かつての自分のように、ダイエットに悩んでいる方の お役にたてれば幸いです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す