レコーディングでなぜダイエットできるのか…その疑問、解決します!

こんにちは。さかいゆうです。

▲レコーディングダイエットは心で行う

ダイエットの記録を残すだけの「レコーディングダイエット」は、
心でダイエットするものです。

食事制限や運動がメインのダイエットとは、
根本的に考え方が違います。

「なにそれ?」っていうあなたのために、
レコーディングダイエットの効果と、
正しいやり方についてまとめました。

レコーディングダイエットでなぜ痩せられるのか…
その疑問、スッキリさせましょう!

スポンサードリンク

◎レコーディングダイエットの方法

レコーディングダイエットで記録するデータは、

・食べたもの(どんなに少ない量でも欠かさずに)
・食べた時間(正確な喫食時間)
・体重(決めた時間・同条件で計測した数値)

【記録例】
3月12日(水) 体重 57.3kg(PM7:50)

朝 (7:30〜7:55) 食パン2枚
バター 10g
トマトジュース 200ml

(10:30〜10:40) キットカット 1個
(11:40〜12:00) オレンジゼリー 1個
カロリーメイト 2本

昼 (13:40〜14:10) 唐揚げ 4個
シーザーサラダ 1パック(361kcal)
おにぎり鮭 1個(265kcal)

(14:50〜15:00) ショートケーキ 1個

(18:00〜18:10) 酢昆布 1箱

夜 (19:00〜19:40) ご飯 1杯
豆腐とホウレンソウのみそ汁
ハンバーグ 1個
ポテトサラダ
オニオンフライ 5個

(21:00〜21:30) 缶ビール 350ml

このように出来るだけ細かく書いていきます。
コンビニの食品にはカロリーが書いてあるものもあるので、
分かるものは記録しておきましょう。

これを見て、あなたはどう思いますか?

レコーディングダイエットはこういった記録を見て、
その人が感じた気持ちをダイエット意識へと変換させ、
食生活の改善を改善していく方法です。

スポンサードリンク

◎レコーディングダイエット①食べ過ぎ予防効果

なかなか痩せない理由の1つは、
自分が食べている食事量の自覚が薄いという事。

午前中のキットカットなんて、
記録しなければその日の夜には忘れちゃいますよね。

そういった小さな間食も、
積み重なればかなりのカロリーになりますから、
そんな食生活では痩せなくて当然です。

飴やグミなどの小粒も立派な間食です。

どれだけ余分なカロリーを摂取しているのかを把握し、
それに気付く事でダイエット意識を高める事が出来るのが、
レコーディングダイエットの効果です。

◎レコーディングダイエット②食事改善意欲UP

レコーディングダイエットは記録に慣れてきたら、
食べた食事のカロリー計算を行っていきます。

摂取カロリーを消費カロリーより抑えられれば、
人は痩せる事が出来ます。

ですが食事制限をただ行うダイエットでは、
自分の正確な摂取カロリーを知るのは難しいですよね。

やみくもに食事を減らして、
とりあえず運動するだけの自己流は失敗のもと。

あなたの1日の摂取カロリーを正確に知る事は、
あなたがどれだけの脂肪を溜め込む生活をしているかに、
気づくキッカケになるでしょう。

意外な食材が高カロリーで、
敢えて食べなくても良いものや
置き換えた方がヘルシーになる食材に気付けます。

白米を玄米に変えたり、
カロリーの低い野菜を取り入れたり、
食事に対する意識が変わってくるはずです。

◎レコーディングダイエット③リバウンド防止

レコーディングダイエットはただ記録するだけですが、
食べ過ぎた日などは記録する作業がかなり恐怖になります。

記録は嘘をつきませんし、
記録を誤魔化したって意味がありません。

だからこそ、現実から目を背けずに、
自分の食生活と向き合えるのです。

食べ過ぎた翌日は、
「いつもよりも食事を少なくしなきゃ!」と危機感が生まれます。

痩せたあとに気が緩んで、
ついつい食べ過ぎてしまうのは人間の本能ですが、
だからと言って見過ごすわけには行きません。

ダイエットへの真剣な気持ちを、
ブレさせないためにも記録する事はとても大切なのです。

スポンサードリンク

▲自分で考えて行動するから成功する!

レコーディングダイエットは、
食事を記録する事で自分の食生活と向き合い、
ダイエットに足りない要素に気付く事で、
痩せやすい食生活へ切り替えていくものです。

運動や食事制限ではなく、
心で行うダイエットという意味が
ご理解いただけたでしょうか。

「みんなが痩せるって言うからやってみる」ダイエットでは、
モチベーションもなかなかあがらず、
結局続かずに辞めてしまう事が多いと思います。

なぜレコーディングダイエットの成功者が多いかと言えば、
問題を自分で見つけ出し、自分で改善していくのですから、
意識レベルが他のダイエット法とは違うから。

あなたも自分の食生活と向き合い、
痩せ体質改善に向けて自分でアクションを起こしていきましょう!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す