1ヶ月でダイエットするなら、あのタイミングを絶対逃してはいけない!

こんにちわ。さかいゆうです。

▲ダイエット宣言!!

ダイエットを始める時って
1ヶ月で○kg痩せるぞ!
っていう決意の仕方をしたことがありますよね?

1ヶ月って言う期間は、なんだかとっても便利

目安にしやすいだけでなく、
体のサイクル的にも、
ダイエットを効率よく行うために好都合な事が多いのです。

女性にとって1ヶ月の大イベントといえば、
そう!あの憂鬱な生理です!

生理前は太りやすいとか痩せにくいとか、
ダイエットの障害的なイメージですが…

これを味方に付ければ、
1ヶ月ダイエットの効率がグンとあがるんです!

スポンサードリンク

▲生理は素晴らしい

生理は男性には来ません。
だから、ダイエットに生理のタイミングを利用できるのは
女性だけの特権です。

使えるものは使いましょう(笑)

さぁ、生理期を利用した
1ヶ月ダイエットプログラムの始まり、始まりー!!

スポンサードリンク

▲スタートは生理後

このダイエットは「生理後」から始めます。
分かりやすいですね(笑)

生理後から排卵日までの約1週間は
ダイエット期で最も痩せやすい時期です。

この時に集中して痩せましょう!

和食を中心にバランスのとれた食事はもちろん、
置き換えダイエットやファスティングを行うと
効果は抜群です。

運動もいつもよりハードなものを行いましょう。

スポンサードリンク

▲排卵後は「調整期」

「排卵後」の1週間は、
ダイエット期で落とした体重を
体に定着させる調整期。

ここを上手に使って、
リバウンドを予防しましょう!

生活はダイエット期の継続で構いませんが、
痩せるのではなく維持する事を目標に
体重の減少がなくても焦らない事です。

また生理前の便秘に備え、
この期間に老廃物を排出する機能を高めましょう。

ヨーグルトや味噌、キムチなどの発酵食品を
積極的にとって腸内環境を整えましょう。

▲生理中は休憩しよう

きました…
何をやってもうまくいかない「生理前」。

この時は、便秘やむくみが起きやすく、
体に老廃物が溜まりやすいです。

吹き出物が出たり、体重が増えたりするのも、
全部老廃物が原因で、生理前の特徴ですよね。

ここで体重が増加しても気にしないのが1番。

生理が終われば、
体内感情も変わり、自然ともとに戻ります。

ダイエットしにくいこの時期は、
デトックス効果をあげていく努力をするのみ!

食物繊維が豊富な
野菜やきのこをたっぷり摂取して、
便秘を解消しましょう。

むくみの原因になる塩分は、
味の濃いものであればあるほど
摂取量が増えます。

薄味の食事を心がけ、
体内の水分を排出してくれるカリウムを含む
果物を食べるようにしましょう。

生理前って甘いものを欲するんですよね…
「生理前だから仕方ない」なんてヤケクソ発言はNG。

果物でストレスを緩和させましょう。

▲女性ホルモンの秘密

こうして1ヶ月の中で、
ダイエットのメリハリがつきます。

「生理前で仕方ない」は、
先ほどの欲求面ではNGですが
体質面では許されます(笑)

女性ホルモンの関係ですからね、
こればっかりはどうしようもないです。

女性ホルモンとダイエットは
非常に強い関係があります。

排卵には「エストロゲン」、
生理には「プロゲステロン」が関わっているのですが、
これらは通称「痩せるホルモン」と「太るホルモン」です。

エストロゲンが多く分泌される時期は、
体調がよく、集中力も上がります。

ダイエットや運動の効果も出やすいんです!

逆にプロゲステロンが分泌される時期は、
疲れやすく、イライラしがちで最悪です。

水分を溜め込みやすく、むくみが生じ、
大腸の動きも鈍く、便秘になります。

自律神経の働きも低下し、
ダイエットの効果が出にくいのです。

ダイエットは、
気持ちも体調も晴れやかで、
エストロゲンが大量に分泌されている
「生理後」が断然おすすめ!

▲生理は美しくいるために必要

いやー、女性の体って本当に良く出来ていますよね。

私、ピルを自己流に飲んで
生理が1年くらいこなかった時があるんです。

もう2人も出産したし、
別に生理なくてもいいやーって、
メチャクチャな考えをしていたんですけどね。

やっぱり不安になって、
婦人科を受診したらドクターに激怒されました。

「女性ホルモンが関係する事だから、
妊娠だけの問題じゃなくて、
肌やおっぱいや体型にも影響するのよ!」

…そりゃ、いやだ。

確かに最近ヒゲがポチポチ生えてきたし、
まさか男性化してる!?と焦りました(笑)

生理ってやっぱり大切なんですよね。

ぜひぜひ、あなたも次回の生理から
ダイエットをスタートしてみませんか?

憂鬱な生理も、
楽な気持ちで迎える事が出来るかもしれません。

 

ここまでよんでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す