それ赤ちゃんじゃなくてお肉ですよ?安全な妊婦ダイエットで体重管理

こんにちは。さかいゆうです。

▲妊娠中は太るもの!?

妊娠中の体重増加は平気。

んー、分かってはいるんだけど、
日に日に増加する体重に戸惑いが隠せない!

「でも、これが普通なんだよね?」って
自分に言い聞かせていたら、

検診で
体重コントロールをしっかりしなさい!」と
お医者さんから言われてしまった…。

「その体重増加、無駄なお肉ですよ」
って言われたも同然。

ヤバイヤバイヤバイー!!!

激しい運動はNGで、
食事もきちんととらなきゃいけない。

そんな妊婦さんでも
大丈夫なダイエット方法ってあるの?

そんなあなたに、
妊娠中の体重増加7kg以下だった私が
実際に行っていたダイエット方法をお教えします。

ちなみに私、二児の母ですが
産後太りも経験ゼロです。

「母になってもスレンダー」なカラダを、
妊娠中から準備しておきましょう。

スポンサードリンク

▲太り過ぎはヤバい

妊娠中に太ってしまうと、
妊娠中毒症のリスクが高くなってしまうので、
検診とかで指摘されちゃうんですよね。

お医者さんからの宣告前までは、

体重の増加分、
赤ちゃんも大きくなってるんだなーって。

そう思ってほのぼのしながら、
お腹をナデナデしていたのに…

愛おしがってたのって肉かい!!

ガッカリですよね。

でも大丈夫!
妊婦さんでも、安心してできる
ダイエット法があります。

スポンサードリンク

▲マタニティヨガ

woman-1246318_1920

 

 

 

 

 

 

リラックス効果もあり、
自分の心と向き合うヨガは妊婦さんにピッタリ。

ダイエットだけでなく、
安産にも効果があるんですよ。

安産の秘訣は
運動とリラックスすることですから。

だいたい妊娠13〜14週頃から
始めても良い、とされています。

もちろんお医者さんの許可を
得てから行いましょう。

普通のヨガとはポーズが異なり、
お腹への負担が少ないものが中心です。
ストレッチがメインだと思ってください。

スポンサードリンク

▲レッスンに行こう!

DVDもでているので自宅でもできますが、
始めてやる時にはスタジオのレッスンで
正しい方法を知る事がおすすめ。

間違ったやり方では、
効果が半減してしまうだけでなく、
安全性も保証できなくなってしまいます。

体験レッスンを実施しているスタジオもあるので、
問い合わせてみるといいでしょう。

▲水中ウォーキング

次におすすめなのが水中ウォーキング。

水中には浮力があるので、
陸上のウォーキングに比べてお腹への負担は少ないです。

でも水の抵抗が全身を刺激するので、
ダイエット効果はかなり高いんですよ。

血行も促進されて、
肩こりや腰痛も緩和します。

妊婦さんにとって嬉しいことばかりですね。

前に歩く意外にも、
横向きや後ろ向きに歩く事もできます。

特に後ろ向きは腰痛に効果があるそうです。

安定期にはいってから始めてOKですが、
必ずお医者さんの許可を得ましょう。

▲水中スイミング

私は泳げないので縁のなかった
水中スイミングもダイエット効果があるようです。

そもそもマタニティスイミングとは
「妊婦が水中で運動する事」をいうので、
ひとくくりにされる事が多いです。

妊娠中でも
普通に泳ぐ事が出来ます。

クロールや背泳ぎ、バタフライなど
本格的な泳ぎ方がメニューに組み込まれているんですよ。

平泳ぎは股関節に負担がかかるのでNGです。

そりゃそうだ(笑)

もちろん、
競泳ではないのでタイムを気にして
無気になる事はやめましょう。

▲水中の可能性は無限大!

水中では、
音楽を聞きながら体を動かす「水中エクササイズ」や、
呼吸法の練習、
水中にプカプカと浮く「フローディング」などができます。

▲食事管理も大切

運動の他にも、
やはり「食事管理」も重要なポイント。

妊娠中は、「赤ちゃんの分も食べなきゃいけない」って
思っていませんか。

お姑さんのそんな言葉を鵜呑みにして、
ガツガツ食べていませんか?

そんなの信じないでくださいね!

赤ちゃんは、ママが食べる1人分の食事上で
十分育ちますから!!

▲栄養バランス重視!

妊婦さんのダイエット食は、
制限ではなくバランスのとれた食事への心がけ。

妊娠時は特に、
葉酸・鉄分・カルシウムを積極的に摂りましょう。

貧血予防は徹底して行った方がいいです。

私、妊娠して初めて貧血を経験しましたけど、
地獄でした。超怖かったです…。

なので重ねて言いますが、

葉酸・鉄分・カルシウム!!

ママになるあなたと、おなかの赤ちゃんのためにも。

しっかりと摂ってくださいね。

▲美しい未来のために始めよう!

妊婦さんが運動する事は、
メリットが多いので良い事です。

体重管理はもちろん、
体調の不快症状を和らげ
妊娠中毒症高血圧の予防
安産へと導いてくれます。

産後は赤ちゃんに時間を取られる事が多く、
体もダメージを受けていて、
それこそ運動どころではありません。

むしろ妊娠中こそが、絶好のチャンスです!

スレンダーなママを目指して、
赤ちゃんと一緒に頑張りましょう。

ここまでよんでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す