ただ跳ぶだけじゃなかった!縄跳びのダイエット効果が超高まる方法!

こんにちは。さかいゆうです。

▲縄跳びは超便利なダイエット法

ただトントン跳んでいるだけで痩せるらしい「縄跳び

私も本当につい最近、
縄飛びって意外と消費エネルギーも高くて、
さらに「エア縄跳び」をすれば天候に左右されずに
継続できるなんて最高じゃん!って感じで始めました。

ただトントン跳んでいるだけのはずだったのですが、
意外と疲れるんですよね。

いろいろ調べてみたら、
更にダイエット効果を上げるやり方があったんです!

もちろん私も今はこの方法でやっています。

知っているといないでは、
結果が大きく違うかもしれません…。

早速紹介していきますね。

スポンサードリンク

▲ボクサーに学ぶ縄跳びダイエット

ボクサーが縄跳びしている姿って、
見た事ありますよね。

リアルではなくてもドラマとか映画とかで、
サウナスーツ着てビュンビュン飛んでいるじゃないですか!

ウェイトコントロール必須のボクサーが選ぶだけあって、
かなり効果の高いエクササイズなんです。

そのボクサーが行っている縄跳びの方法を取り入れれば、
確実にダイエット効果があるってことじゃないですか。

ということで用意すべきアイテムは、
縄跳びとサウナスーツ!

縄跳びはスポーツ用品店で売っているような、
本格的なものがいいです。

100均のは軽くて子供騙しで、
どうしても負荷が足りないんですよね…。

少し重みが合った方が跳びやすいですよ。

サウナスーツを着て運動すると、
ビックリするくらい汗をかきます。

ただ跳ぶだけだとなかなか汗をかかなくて、
個人的に不満だったんですけど、
サウナスーツを着てから達成感が全然違いました!

「運動したなー」っていう快感がたまりません(笑)

おちろん、汗をかく事で体重も減るのですが、
ダイエットの目的としてはそれはあんまり意味が無くて、
大事なのは汗をかく事で得られるデトックス効果ですね。

老廃物をきちんと排出できれば、
セルライトの予防にもなりますし、
かなりダイエット効果は上がりますよ。

スポンサードリンク

▲縄跳びのダイエット効果が高まる時間帯

そして縄跳びはいつやれば1番効果的なのかと言うと、
朝起きてからの低血糖状態の時です。

もちろん低血糖な状態で運動すると、
目眩がして倒れちゃう危険性が高いので、
野菜ジュースとか果汁100%ジュースで
栄養補給をしてから行うようにしましょうね。

比較的体内の糖質が少ない状態の方が
脂肪を燃焼しやすいってことです。

続けて20分以上跳び続けなければ行けないわけではなく、
2分やったら2分休んでを10セットでOK。

最初にこのペースはキツいと思いますので、
少しずつ慣らして最終的に10セットできるように
なればいいので焦らずにやっていきましょう。

ただ跳ぶだけですけど、
かなりの全身運動なので結構疲れます。

瞬発力も要しますし、
特に足腰に負担がかかるので、
痛めないように無理は禁物です。

ちなみに、足に大きな刺激があるぶん、
血行が良くなってむくみ解消の期待も出来ます。

▲縄跳びのダイエット効果を高める跳び方①

では効果的な縄跳びの跳び方を説明していきます。

有酸素運動なので、
やはり呼吸は重要なポイントです。

鼻で穏やかに息をするようにしましょう。

できるだけ小さく跳ぶイメージで、
ヒザを曲げてつま先で跳びます。

トンットンッと小刻みに軽快に跳んだ方が、
リズムがとりやすくて楽ですよ。

これだけ意識すれば、
見た事あるボクサーのような跳び方が、
自然と出来るようになるはずです。

▲縄跳びのダイエット効果を高める跳び方②

基本的には前跳びで良いのですが、
(むしろ前跳びでも難しいかもしれません)
跳び方を変えるだけで
更にシェイプアップが期待できます。

跳びながら下半身を左右にひねる「ツイスト」は、
ウエストラインが引き締まります。

上半身は正面を向いたまま、
着地のたびに交互につま先を左右に向けると同時に、
腰から下を丸ごと動かしてみましょう。

跳びながらケンケンをする「片足跳び」は、
下腹部と足全体に効果があります。

太ももを腰のラインまで垂直に引き上げて、
左右8回ずつ行います。

私は「ツイスト」がお気に入りですね。

かなり大変なのですが、
鍛えた感がものっすごくあります!

ただ最初は高度な動きを入れると、
縄跳び自体が続かないので…

そんな時にはエア縄跳びで練習していくのが
いいかもしれませんね。

つまづいてばかりいたら、
誰だって嫌になりますから。

スポンサードリンク

▲縄跳びダイエットは超オススメ!

エア縄跳びがあれば、
天候に左右されずにできる「縄跳び」って
超画期的だと思ったものの…

室内で跳ぶと振動が近所迷惑になる危険性が高いので、
きちんと配慮して行うようにしましょうね。

場所をとらないので駐車場とかでも出来るし、
人に見られてもあんまり恥ずかしくないので、
続けやすいエクササイズだと思います。

何よりも消費エネルギー量がかなり大きいので、
本当にオススメのダイエット法です。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す