食べて痩せたいなら必見!低カロリー食材でヘルシーにおなかを満たそう

こんにちは!kaettyです♪

摂取カロリーより消費カロリーが多いことで痩せるのはダイエットの基本。
ですが、アスリートや体力を使うハードワークで無い限り日常生活で大量にカロリーを消費するのは難しいですよね。

では摂取カロリーを抑えるのはどうでしょう。
我慢が苦じゃなければよいのですが、食べるのが大好き、食事制限ができないならそれも大変です。

そんなあなたにぴったりなのが、低カロリー食材を食べるというダイエット方法。
同じ調理方法でも食材が違えばカロリーは大きく違います。
空腹を満たしてカロリーを抑えることができたらダイエットも苦じゃありませんね。

今日は食べて痩せたいあなたのために、低カロリー食材の選び方をお教えします。

スポンサードリンク

肉類を選ぶなら高たんぱく低脂肪

低糖質ダイエットも流行していますが、ごはんや麺・パンを抑える代わりにがっつり食べたいのがお肉です。

ですがすべてのお肉が低カロリーというわけではありません。
脂身がしっかり付いていたり霜降りのお肉は脂肪が多く、カロリーも高くなってしまいます。

牛肉なら赤身部分の多いヒレ肉モモ肉は低カロリー
100グラムあたり130~180キロカロリーで、サーロインやカルビと比べると倍近くカロリーに差があります。

それに脂質が少ない分たんぱく質が多く、しっかり食べても筋肉に変わりやすいのが赤身牛肉の良い点です。
牛肉自体に脂肪燃焼効果が高いL-カルニチンが含まれているのでダイエット中にはもってこいの低カロリー食材といえます。

スポンサードリンク

栄養価の高い魚類も高たんぱくなものを選ぼう

魚ってどことなくヘルシーな感じがしますよね。
ですが実は身に脂質がたくさん含まれているものもあり、しっかり見極めて選ぶことが大事です。

まずはマグロ
これも肉類同様、赤身部分を選びましょう。
100グラムあたり約120キロカロリーと低カロリーなのはもちろん、まぐろに含まれているビタミンB6がたんぱく質を筋肉に合成しやすくしてくれる作用も働いてくれるので、ダイエット中にはぴったりです。

トロに含まれている脂質は良質な脂で、栄養価も高いといわれていますが、カロリーを抑えたいなら赤身のマグロを選びましょう。

また、白身でしたらタラがおすすめです。
100グラムあたり約80キロカロリーとかなり低く、抗酸化作用があるビタミンEが多く含まれているのでアンチエイジング効果も期待したい女性にはぜひ選んで欲しいお魚です。

タラってスーパーでもお安く手に入りやすいですし、焼いても似ても食べられるので簡単に調理・アレンジできますよ。
消化吸収も早いので、胃腸が疲れているときに食べるのもよいでしょう。

スポンサードリンク

低カロリー食材で見逃せないのが豆腐!

たんぱく質豊富豆類もダイエット中には欠かせない低カロリー食材。
その中でも木綿豆腐は100グラムあたり約70キロカロリーと低く、いろんなメニューのカサ増しとしても使えます。

低カロリーとは無縁といわれている麺類も、豆腐メーカーが「糖質0麺」を出したりしていて、大幅なカロリーカットが夢ではなくなっていますね。

私もカロリーは抑えたいけど麺類が食べたい!というときに糖質0麺を使って調理したり、スープやサラダには必ず入れてボリュームアップさせることで、満腹にしつつカロリーは抑えています。

せっかく低カロリーな食材を選んでも続かなければ意味がないですよね。
自宅でバリエーション豊かに調理できるものを選ぶのも、「食べて痩せる」が成功する秘訣だといえます。

まとめ

・低カロリーなだけでなく高たんぱく質なものを選んでダイエットに役立てよう
・脂質は良質なものでも高カロリー、抑えたければ脂肪の少ないものを
・ビタミン類を含んでいる食材でプラスアルファの効果にも期待
・美味しく調理できるものを賢く選べば低カロリーでも飽きない

ただ単に低カロリーな食材に絞って探せば他にもたくさんありますが、ダイエット成功のカギは長続きするかどうかと、効果のある栄養価の摂取ができているかどうかにかかっていると思います。

普段食べている食材に比べてどうでしたでしょうか?
ダイエット中の食事選びの参考にしてみてくださいね。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました♪

投稿者: kaetty

大学卒業後~数年前までアパレル・美容用品の販売に携わっておりました。 店長・エリアマネージャーを経験し、販促業務として新作商品やコーディネートを紹介するブログを毎日執筆した事もあり、 自分の言葉で伝えるという事を得意としています。 現在は整骨院で勤務しており、ストレッチやEMSなども取り入れている為、ダイエットとは切っても切れない生活をしています。 新しい情報を調べ、自分のダイエットや美容に取り入れて実践する事も好きなので、これまでの体験なども交えながら読者様に 毎日楽しく読んでもらえるような記事づくりを目指していきたいと思っています。

コメントを残す