炭水化物抜きダイエットは知れば知る程できなくなる危険がいっぱい!

こんにちは。さかいゆうです。

▲炭水化物ダイエットは危険?

炭水化物を抜く事はダイエットにいいの?
体に影響はない?リバウンドはしない?

流行っているダイエット方法ではあるものの、
いろいろ不安が付きまとう炭水化物抜きダイエット

三大栄養素の1つである炭水化物ですから、
摂取しなくて大丈夫なわけは無い!

そうです。
炭水化物抜きダイエットには危険がいっぱい。

あなたはそれでも、
このダイエット法を選びますか?

スポンサードリンク

▲炭水化物ダイエットの実情

炭水化物はご飯や麺、パンのことですね。

簡単に言えば、主食を抜くだけのダイエット

他にも、お煎餅やクッキーも炭水化物が原料なので、
お菓子の種類にも注意しましょうね。

これらを抜くので当然体重は減り、
ダイエット効果を早くに実感できるでしょう。

「痩せた!」という成功例が多い一方で、
体調を崩したり、リバウンドしてしまっている人もいます。

▲炭水化物とは

炭水化物は私たちのエネルギー源です。

これが体内に入ってこなくなると、
炭水化物以外のエネルギー源である
脂質とタンパク質を使うように体はできています。

炭水化物の摂取がなくなれば、
摂取カロリーも少なくなる上に、
脂肪燃焼効果が得られるなら、
ダイエットにはよさそうって思っちゃいませんか?

▲炭水化物の働き

ですが、そのように単純に考えすぎてはNG。

炭水化物は私たちの生命維持のために、
どのような役割があるのかを知っておきましょう。

炭水化物を特に必要としているのは「脳」
脳に必要なエネルギー源である「ブドウ糖」は、
炭水化物からしか摂る事が出来ません。

脳が栄養不足になると、
頭がぼーっとしたり、疲れやすくなってしまいます。

また、「エネルギーが来ない!」と危機感を持った脳は、
脂肪やエネルギーを蓄えるように全身に指令を出すので、
むしろ太りやすい体質を作り出してしまいます。

確かに炭水化物の代わりに
脂肪やタンパク質を燃焼しますが、
応急措置でしかありません。

次に炭水化物が体内に摂り入れられた時には、
脳にとってかなり貴重な栄養ですからね、
ガッツリ体内に貯蔵されてしまうでしょう。

そうです、リバウンド。
この危険性はかなり高いと覚悟しましょう。

スポンサードリンク

▲炭水化物の摂り過ぎもNG

炭水化物を抜くのは危険。
でも、炭水化物を摂りすぎてしまっても太ります。

脂肪となって蓄えられたり、
血糖が増えすぎて糖尿病などの生活習慣病のリスクが
高まります。

特にお酒や砂糖たっぷりの菓子パンは、
精製された炭水化物ですから、
吸収や体内への蓄積が高く危険なんですよ。

ダイエッターにとって炭水化物は、
かなり扱いにくい物質といえそうです。

▲臭いがキツくなる

体重や体型に関係ないところでも、
トラブルを起こす危険性があります。

女性におすすめしない理由の1つとも言えるのですが、
臭い」の問題。

炭水化物が無い代わりに脂肪を燃焼するから、
体内の脂肪が減ってダイエット◎ってことですよね。

でも、この脂肪が燃焼される時に
ケトン体」っていう物質ができて、
これが口臭や体臭を引き起こしてしまうんです。

せっかく痩せてキレイになっても、
その代償に臭くなっては魅力も半減してしまい、
あんまり嬉しい事ではないですよね。

スポンサードリンク

▲炭水化物ダイエットの正しい方法

炭水化物を完全に抜くダイエット法は、
健康的に痩せる事を成功というのであれば、
絶対におすすめできません。

ボクサーなどの体重制限が必要なアスリートが、
期間限定で行う減量法だと思っていた方が良いです。

もし炭水化物を抜くダイエットをするなら、
1回の食事だけ炭水化物を控えるようにしましょう。

夕食のご飯を控えて、
その分タンパク質を増やすのであれば、
体への悪影響を抑えて体重の減少を期待できます。

▲楽しく健康なダイエットをしよう

炭水化物抜きダイエットは、
開始してすぐに効果が出やすく、
知識の浅い人ほどハマりやすく失敗しやすいもの。

体重がどんどん減っていくと、
ダイエットも楽しくなるじゃないですか。

でも、炭水化物を抜くダイエットでは、
普通食に戻した時にリバウンドの危険性が大きすぎて、
結果的にはあまり意味の無い事の方が多いです。

適度な炭水化物の摂取は、
体も脳も喜び、生活の質を上げてくれます。

「抜く」のではなく「量を抑える」という意識で、
炭水化物を管理しながらダイエットを行いましょう。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す