~びわの葉で嬉しい情報~


 Loverと申します。よろしくお願い致します。

びわの葉」なら誰もが知っていますよね。

びわは木に出来ますが、その木に付いている葉です。

スポンサードリンク

~構成要素が含まれる不思議な葉?~

一般的には「葉は、必要ない」という感じです。

 

しかしながらびわの葉は、必要とされない葉ではないのです。

私達の身体に必要とされている

構成要素が複数種類含まれているのです。

 

構成要素とは

ブドウ糖、アミグダリン、タンニン、サポニン、クエン酸

この5種類です。

 

さて、葉っぱに含まれるこの成分をどのようにして

体内へ取り込むかというとお茶として飲むのです。

 

お茶?と思うかもしれませんが

これについては、下記で書きます。

スポンサードリンク

 ~葉から出来たお茶、その実態は!?~

びわの葉から出来たお茶。

読んで字の如くということで

その名も「びわの葉茶」です。

 

これには、上記で説明した素晴らしい5つの成分が含まれています。

~①がんを撃退?嬉しい情報~

アミグダリン」という構成要素は

がんを撃退すると言われているのです。

 

がんを撃退となったら

通常は、「放射線」「抗がん剤」のどちらかですが

天然素材で撃退できるのは、凄いことですね。

 

それでは、がん患者さんではない健康な人が摂取してはいけないのかというと

それは違います。

 

健康な人が摂取しても害は一切ありません。

 

具体的にいうと

健康な私達の体内へ取り込まれることによって

細胞が活発に動くようになってくれるのです。

つまり欠点は無く、利点しかありません。

 ~②女性に嬉しい!ダイエットへ導いてくれる有効な成分~

ダイエット=びわの葉茶

このように深い結びつきがあるようです。

 

成分が5種類あると説明しましたが

そのうち「タンニン」と「サポニン」が

ダイエットに有効とされています。

 

2つあるので順番に説明します。

まずは、タンニン

〇蓄積された脂肪を解体する。

〇コレステロールの数値を低下させる。

〇活性酵素抑制

 

お次は、サポニン

〇活性酵素抑制

〇血行を促す

〇脂肪を蓄積させるのを抑える

〇免疫力の上昇

ダイエットに有効なのは、もちろんのこと

ダイエット以外にも

私達の身体にとってプラスになる役割果たしてくれます。

~③嬉しい情報!アトピー性皮膚炎を改善してくれる!?~

美しい肌へと導いてくれるという嬉しい情報もあります。

ビタミンC、B群、βカロテン

この3つも「すごく」と言っていいほど

たくさん入っています。

 

上記の3つは

直接、非直接とも美しい肌へと結びつく

有効な物があるのです。

 

また、題名にもあるように

アトピー性皮膚炎などの

いわゆる皮膚疾患でお悩みの方には

化粧水の代わりとして

このお茶を肌に付けることや

入浴剤の変わりとして浴槽へ入れるのです。

 

なぜ良いのかというと

5種類のうちの1種類であるアミグダリンが

痒みを生じるのを抑える、腫れを抑えるという

役割を果たしてくれるからなのです。

~④咳や痰でお悩みの方に有効~

気管に作用して咳を鎮める有効な成分「タンニン」「サポニン」

気管に溜まった痰を排除してくれる「サポニン」

また、タンニンというのは炎症を鎮めてくれるので

長く患う慢性的な気管支炎、咳を鎮める、痰を出せてくれる

のどが痛い、気管支が弱い人に有効性を示します。

喉がチクチクする。という人は

びわの葉のお茶を作って、そこに塩を入れて

うがいをしてあげると痛みを鎮めることができます。

 

また、風邪を引いて発熱してしまった場合

同じようにうがいをしたり

びわ茶を飲んだりすることで

サポニンが持っている熱を鎮める作用によって

和らげてくれます。

スポンサードリンク

~まとめ~

「びわの葉」には

私達の身体に必要な物が豊富に入っています。

ダイエットや、健康維持の為にも飲んでみるといいですね。

 

読んで下さりありがとうございました。


投稿者: aichiba

はじめまして。 私は20代の女性で、千葉に住んでいます。 私自身、MAX時から-4kg減で ワンサイズ小さい洋服が着られるようにまでなりました。 ダイエットは女性が一度は、してみたいと思うもの。 しかし人の身体に悪影響を及ぼすダイエットも多々あります。 特に女性の体は、男性の体と違い とても複雑で無理な事をすると「子宮、卵巣の病」「ホルモン異常」「月経不順」「不妊」など 様々な病気を引き起こす原因となります。 このような事をぜひ皆様に伝え 安心、安全なダイエットをご紹介したいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す