~今大注目!糖質ゼロ食品~


こんにちは。私はloverと申します。

宜しくお願いいたします。

~糖質ゼロとは何か~

食べ物100gや、飲み物100gに0.5g未満の糖質が含まれる。

これが糖質ゼロの定義なのです。

 

この「ゼロ」という言葉以外では「」「ノン」「レス」…

こういった「含まない」という意味がつけられます。

「完璧ゼロ」ではなくても「ゼロ」と表現するのです。

スポンサードリンク

 ~糖質とは何か~

私達が体を動かすのに重要と言っても過言ではないエネルギー

これが糖質です。

 

三大栄養素と呼ばれる重要な栄養素が必要になります。

タンパク質糖質脂質。これが重要な三大栄養素です。

 

この3つの中で血糖値を上昇させてくれるのが糖質になります。

炭水化物は、糖質がどのくらい入っているのか目安としてくれるものです。

 

炭水化物と糖質がどう関係しているのかというと

炭水化物−食物繊維=糖質

こういう関係式が成り立つのです。

 

ということで食物繊維が少なければ少ないほど

糖質が炭水化物の中に多く含まれるということになります。

 ~糖質オフダイエットとは何か~

まさしく読んで字の如くなのです。

抜いたり減らしたりする糖質ダイエットのことを言います。

 

食事の中に糖質が多く入っている物を食べず

食事の中に入っている糖質を「無」くしたり、「減」らす、という方法です。

 

難しいことは何一つ無く、至ってシンプルでやりやすい物です。

また、続けやすいのも大きなポイントになります。

 

なぜ続けやすいのかというと

カロリー制限が無いお腹もいっぱいになる満足度が低下しない

この3つが揃っているからです。

 

ルールはあるの?と思う方もいると思いますが

基本的には

糖質を減らす事1日3食食べる事カロリー摂取量を減らさない

この3つです。

 

本当にこの3つだけなのですが、ここで勘違いする人がいます。

それは、好きな物をどれだけ食べてもいいのかということです。

これは、当然ダメです。

 

確かに糖質は抜きますが、抜いたら抜いたで

代わりに健康や栄養などを考えて、きちんとした食事を摂ることです。

 

また、糖質を抜くということにも3つ方法があるのです。

1. 糖質プチ制限法→1日に1食だけ糖質制限食にすること

2. 糖質スタンダード制限法→1日に2食だけ糖質制限法にすること。

3 糖質スーパー制限法→1日3食全てを糖質制限食にすること。

 

1日3食全てを糖質制限食にした場合

1日にどれくらい糖質を摂取していいかというと30g~60gくらいになります。

 

また、1食当たりに換算すると10g~20gくらいになります。

 

当然のことですが甘い物や炭水化物はダメです。

その代わり調味料や野菜に入っている糖質で補うということになります。

 ~無理をしない糖質制限ダイエットを心掛ける~

糖質制限ダイエット=体に悪いと思う人もいるかもしれません。

実は、そのようなことは無いのです。

空腹になった時、急激な血糖値上昇をさせないような食事をすること

これがポイントになります。

 

急激な血糖値上昇は、大量にインスリンの分泌を促してしまい

エネルギーを体の中に溜めようとします

 

このようなことを防ぐには

1. 真っ先に海藻や野菜などの食物繊維を含む物をゆっくりと食べて

  血糖値を急激ではなく穏やかに上昇させてあげること。

2. 初めは、夕飯の炭水化物だけを抜き慣れてきたら昼ごはんも炭水化物を抜く。

3. 飲み物で糖質摂取を抑える。(ジュースなど)

この3つが大事になってきます。

 

3つの事を行って、体がこれに馴染むようにすればいいのです。

 

また、夕飯の炭水化物を軽減させることから始めるのもいいです。

 

時間は、普通のダイエットより掛かります。焦りは、禁物です。

 

まずは、自分の体や体調を見たりしながら生活習慣に変化を付けていく

これくらいの気持ちで焦らずゆっくりと行うことが大事です。

このように焦らないことを忘れずに行っていくと

リバウンドのリスクも減ります。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。


投稿者: aichiba

はじめまして。 私は20代の女性で、千葉に住んでいます。 私自身、MAX時から-4kg減で ワンサイズ小さい洋服が着られるようにまでなりました。 ダイエットは女性が一度は、してみたいと思うもの。 しかし人の身体に悪影響を及ぼすダイエットも多々あります。 特に女性の体は、男性の体と違い とても複雑で無理な事をすると「子宮、卵巣の病」「ホルモン異常」「月経不順」「不妊」など 様々な病気を引き起こす原因となります。 このような事をぜひ皆様に伝え 安心、安全なダイエットをご紹介したいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す