ウエイクボードってどんなもの?体幹筋肉を使ってダイエットしよう!


はじめまして、大槻ももと申します。

記事を目に留めてくださりありがとうございます。

よろしくお願いいたします。

 

あまりスポーツには造詣がないのですが、ウエイクボードをしてきた友人に全身筋肉痛になったけれどとても楽しかった!という話を聞き、興味を持ったので早速調査してみました。

 

スポンサードリンク

 

ウエイクボードとはどんなスポーツ?

 

「ウエイクボード」とは90年代に流行り始め、近年人気が高まっているスポーツです。

 

水上で行うスノーボードのようなもので、水上スキーと同様にモーターボートで引っ張ってもらい、水上の上を滑って楽しみます

 

1人が1回あたりに滑る時間は10分前後で、たった10分と思っているとかなりの運動量に驚く方も多いそうです。

 

そして上級者になってくるとただ滑るだけではなく、モーターボートで出来る波を利用してサーフィンのようにスラロームやジャンプなどの技にチャレンジする方も居ます。

 

スポンサードリンク

 

ウエイクボードは簡単なの?

 

個人差があるので、人によってはチャレンジしてすぐに立てた!という方も居ますが、なかなか感覚がつかめず水上の上で立つことが出来ないという方も居るので、ウォーキングのように誰でもできる難易度の低い運動だとは言えません。

 

ですが平均すると、スクールなどに入って指導員に教えて貰いながら練習をすると、1日くらいで立てるようになると言われています。

 

まずは真っ直ぐ水上で立てるようになると、次には左右に移動する「スラローム」、そして上達の速い方であればコツを掴んで「ジャンプ」などの技に挑戦できるようになります。

 

 

また自己流では綺麗なフォームで滑れていないこともあるため、周りにウエイクボードをしている方が居ればその方に聞いたり、スクールに入って指導してもらう方法がおすすめです。

 

いずれにしても、初心者であっても水上で20~30km/h程度の速度を出し、上級者になれば40km/h程度で滑るスポーツなので、周りの方に配慮することも勿論ですが、自身も無理のないように行いましょう。

 

スポンサードリンク

 

ウエイクボードで得られるダイエット効果とは?

 

ウエイクボードにチャレンジしたことがある友人に、「全身筋肉痛になった!」という話を聞きました。

 

ウエイクボードでは全身の筋肉を使いますし、とくに水上の上でバランスを取るために筋肉の中でも体幹に関わる筋肉(インナーマッスル)を使います。

 

インナーマッスルは、体の奥深くにある筋肉なので通常体を鍛える際には意識されないことが多い筋肉です。

 

しかしダイエットをする場合にはこの「インナーマッスル」がとても重要で、まずインナーマッスルが鍛えられることで基礎代謝が上がります

 

基礎代謝が上がると脂肪燃焼や冷え性への効果だけではなく、リバウンドを予防し、痩せた時に綺麗なラインを維持することも期待できます。

 

ただし、インナーマッスルは体の深部にある筋肉のため、表面にある筋肉と比較して鍛えるまでに時間がかかるので、はじめのうちは効果が実感しにくいこともあります。

 

まとめ

 

ウエイクボードは普段の生活では味わえない体験の出来るスポーツで、かつインナーマッスルも鍛えられるので上達する楽しみだけではなくダイエット効果も望めます。

 

しかし毎日出来るという方は多くないので、普段は他のトレーニングを行いながら、海や湖で楽しみたい時に取り入れているという方がほとんどです。

 

私はあまり泳ぐことや運動も得意ではないのですが、友人の話を聞いたり動画を見て居てとても楽しそうだなぁと思ったので、まずはゲームのwiiでウエイクボードのシミュレーションをしてみたいなと思っています。

 

ここまで読んで下さってありがとうございました。

 

またお目に書かれることを楽しみにしております。


投稿者: momo_ootsuki

はじめまして、 プロフィールを閲覧していただき ありがとうございます。 幼いころに海外で生活し小学生の時に帰国、 日本の大学(法学部)で修めた後に法律事務所に3年勤務後、 ライターを始めて5年目になり、 ずっと憧れだった「書き物」のお仕事にも携わる事が出来て 毎日楽しくお仕事をさせていただいております。 更に色々な分野にも挑戦しようという中で、 今回ダイエットの情報を発信させていただく事を 決意しました。 記事を読んでくださる方と 双方にとり、素敵なご縁になりますように。 どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す