サッポロ一番「カップめん」と食べる!ヘルシーで健康的なオススメ食材とは?


 

みなさん、こんにちはPisces12です♪

今回は『サッポロ一番』についてご紹介いたします(*^^*)

 

 

 

◎サッポロ一番製品について

 

ダイエット中でもときどき食べたくなるのが

サッポロ一番のラーメンですよね。

 

今回は無性に食べたくなる!

サッポロ一番のラーメン製品に注目してご紹介します。

 

〈サッポロ一番・ラーメン製品について〉

 

サッポロ一番ラーメン製品の中でも最も人気が高い

 

・袋ラーメン

 

・カップめん

 

今回は上記2つの製品&カロリーをメインにお届けします。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

◎サッポロ一番・袋ラーメン製品のカロリーについて

 

サッポロ一番の袋ラーメンといえば、ロングセラー商品のみそラーメンや塩らーめんが有名ですよね。

 

一体カロリーはどのくらいなのか・・・それではチェックしていきましょう!

 

 

〈袋ラーメン製品・カロリーについて〉

 

・しょうゆ味

1食あたり:442kcal

 

 

・塩らーめん

1食あたり:443kcal

 

 

・みそラーメン

1食あたり:445kcal

 

 

・ごま味しょうゆラーメン

1食あたり:456kcal

 

どの商品もカロリーにほとんど差はありませんでしたね。

袋ラーメン製品はダイエット中に選ぶには、少しハイカロリーでしたね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎カップめんのカロリー&ダイエットにオススメの食材について

 

袋ラーメン製品と同じ風味で食べられる!

カップめん製品のカロリーをチェックしていきましょう。

 

〈カップめん・カロリー比較について〉

 

袋ラーメン製品とカップめん製品のカロリーを比較してご紹介します。

 

・しょうゆ味どんぶり

1食あたり:319kcal

袋製品1食あたり:442kcal

 

・塩らーめんどんぶり

1食あたり:325kcal

袋製品1食あたり:443kcal

 

・みそラーメンどんぶり

1食あたり:327kcal

袋製品1食あたり:445kcal

 

・ごま味ラーメンどんぶり

1食あたり:340kcal

袋製品1食あたり:456kcal

 

 

袋ラーメン製品は・・・

1食あたり:100g

 

カップめん製品は・・・

1食あたり:75g

 

とグラム数は異なりますが、比較したところカロリーは100kcal以上もダウンします。

ダイエット中は手軽なカップめん製品から、お好みの風味を選ぶことをオススメします。

 

 

 

〈カップめんと一緒に食べたい!ダイエッターにオススメの食材について〉

 

ダイエット中にカップめんを食べるときは・・・

 

野菜

 

海藻類

 

ゆで卵

 

ヨーグルト

食前または一緒に摂取しましょう。

 

野菜はサラダでも野菜ジュースでもOK!

海藻類やゆで卵はサラダやラーメンにのせてもOK!

 

野菜に含まれるビタミンは、余分な糖質・脂肪の蓄積を防ぐ効果があります。

 

海藻類には余分な塩分を排出する効果があるので、むくみを防止・解消します。

 

ゆで卵やヨーグルトには、たんぱく質が豊富に含まれているので、栄養バランスを保ちながら、腹持ちを持続する効果があります。

 

ダイエットにも効果的な食材をプラスするだけで、ダイエットへの影響を最小限にセーブできる&健康的にもオススメの方法です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

◎まとめ

サッポロ一番についてのまとめ✩

 

1.サッポロ一番袋ラーメン製品の平均カロリーは440kcal!最も低カロリーの商品は「しょうゆ味:442kcal」

2.カップめん製品は袋ラーメン製品よりも平均的に100kcalダウン!最も低カロリーの商品は「しょうゆ味どんぶり:319kcal」

3.ダイエット中にオススメの食材「野菜・海藻類・ゆで卵・ヨーグルト」食前・トッピングにして一緒に食べましょう!

4.野菜に含まれるビタミンは「余分な糖質・脂肪の蓄積を防ぐ」海藻類は「余分な塩分の排出を促す」たんぱく質が豊富なゆで卵・ヨーグルトは「栄養バランス&腹持ち効果抜群」

それでは、今回のご紹介は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者: Pisces12

はじめまして。 ダイエットをしてきた経験から、 ダイエットの辛さ、体重が減る嬉しさや、体重維持の 難しさなどを身をもって実感して来ました。 現在は18時以降食べないダイエットを実践中です。 そんな自分の経験を活かして、ダイエットに関する 事を記事に書いていこうと思います。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す