リバウンドしないための食事制限方法

みなさまお疲れ様です。

速瀬桃香です。

ダイエットとリバウンドの関係は密接なものですが、

出来ればというか、絶対に避けて通りたいものです。

リバウンドしやすいダイエットは、効果が一時的に出やすい傾向にありますが、その分きつかったりします。

長い目でみるとリバウンドしやすいダイエットはなんの利益ももたらさないことがわかると思います。

さて、そんなリバウンドを起こさないためにはどうしたらいいのでしょうか?

今回は、そんなお話になります。

スポンサードリンク

◎ダイエットでリバウンドを起こさないためには

食事制限によるダイエットをする人は少なくありませんが、ハードな食事制限は、リバウンドを起こしやすくします。

リバウンドしてしまうと、ダイエット前よりも体重が増えてしまうことがあり、せっかくの努力が水の泡になっていまいます。

食事の量を少なくする場合、やみくもに食べる量を減らしてもリバウンドするだけですから、どのようにするかが重要になります。

一気に体重を減らすのではなくて、毎日決まった時間に体重を計測して、状況を把握しながら食事制限をしましょう。

毎日同じ時間に体重を計り、記録を残すことで、体重の減り具合が滞る停滞期かが確認できます。

スポンサードリンク

リバウンドは、人間が本来持っている体の機能によるものなので、誰にでも起こる可能性があるものです。

とにかく体重を減らしたくて食事制限をしすぎると、エネルギーの補給が滞ったと感じた体は飢餓状態になり、栄養を貯め込もうとします。

この生命を維持するための機能はホメオスタシスと呼ばれていて、ダイエットしてもなかなか効果が出ない停滞期となります。

ダイエット中に停滞期になると、体重の減りが鈍化して食事制限を継続する意欲が薄れてしまいますが、それで食事量を今までどおりにすると、停滞期は続いているため、太りやすくなるのです。

ダイエットの進捗状況を記録にすることで、停滞期に入ったことを察知することができますから、精神的に追い込まれずにダイエットができます。

停滞期が終われば、また体重は減り始めますので、毎日記録をとっていれば、今が停滞期なのか、停滞期を抜けたのかを確認できます。

リバウンドしないためには、あせらず少しづつ体重を落とすことが重要で、身体に負担がかからない無理のある食事制限は控えるようにしましょう。

いかがだったでしょうか?

あなたがきちんと食事をとるなど、無理をし過ぎないダイエットをすることで、いつまでもスリムなボディラインをキープし外見も内面もますます魅力あふれる女性になれますように…☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました♬

スポンサードリンク

投稿者: hayase_momoka

名前:速瀬 桃香 性別:女性 年齢:30代 ひと言:現在ダイエットに励んでいます。 ひそかな目標は-20kg減らして、 ブログのタイトルを変更する事です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す