ダイエット中でも大丈夫?マクドナルドでの上手なメニューの選び方


こんにちは!子育て奮闘中の主婦mana23です★

安くて早くて便利なマクドナルド。

幅広い層から人気がありますよね。

 

しかし、

ファーストフード=太る・体に悪い

というイメージがあるように、

高カロリーなメニューが目立ちます。

栄養面もきになるところです。

 

ダイエット中は避けがちですが、

どうしても行きたい時や

付き合いなどで行かなければならない時もあるかと思います。

 

そんなときは何を食べればいいのか?

 

ダイエット中でも選ぶメニュー次第で

太りにくくすることはできます。

 

今回は、そんなお話しです!

 

スポンサードリンク

 

◉知りたい!マクドナルドの人気メニューのカロリー

人気メニューを例にあげると

シンプルなハンバーガーが1個260kcalなのに対し、

 

フィレオフィッシュ…341kcal

チキチー…444kcal

エグチ…390kcal

デザートのホットアップルパイは211kcal、

 

三角チョコパイはあの大きさにも関わらず

黒も白も300kcal前後と高カロリーです。

 

ついつい食べ過ぎてしまうポテトは

S…232kcal M…424kcal L…534kcal

と、Lサイズだとハンバーガーの倍近いカロリーになります。

 

スポンサードリンク

 

 

◉大事なのはバランス。高カロリーだからといって太るわけではない!

 

しかし、高カロリーだからといって必ずしも太るわけではありません。

ダイエットをする際やりがちなのが、

栄養バランスを無視して

極端に摂取カロリーだけを減らすこと。

 

私もそうでした。

しかしそれだと我慢した分、

 

リミッターが切れたあと暴飲暴食になったり

体が悲鳴をあげて栄養をたくさん取り込もうとするので

かえって太りやすくなります。

 

マクドナルドでメニューを選ぶ際も

カロリーだけを気にして選ぶのではなく、

栄養バランスを第一に考えてみましょう。

 

カロリーを抑えるためにハンバーガーのみ!

ではなく、

あったかいスープはオススメ☆

カロリーは多少増えても

サラダやスープをつけることをオススメします。

 

 

サイドメニューのサイドサラダや、

期間限定になりますが

コーンスープやミネストローネがあります。

 

栄養バランスがとれるということは、

その栄養の効果がしっかり発揮されるということです。

 

そうすると体の機能が正常に働き

基礎代謝がアップします。

 

基礎代謝は、運動していないときでもカロリーを消費してくれるので

基礎代謝を上げることで痩せやすい体になります。

 

スポンサードリンク

 

◉食べる順番も大切

次に気にして欲しいのは食べる順番です。

同じものを食べるにしても、

 

食べる順番によってカロリーや栄養の吸収が変わってしまうんです…!

 

空腹時にいきなりハンバーガーなどの炭水化物を食べると

急激に血糖値が上がり

脂肪がつきやすくなります。

 

そこで、まずはサイドサラダとスープを食べ

水分と食物繊維をとることで

血糖値を急激に上がるのを防ぐとともに

満腹感を高めて食べ過ぎを防止します。

 

サイドメニューではポテトが人気ですが

ダイエット中はナゲットにすることをオススメします。

 

ナゲットは5ピースで263kcalですが

ポテトに比べると

糖質は少なく、タンパク質は多くなります。

 

タンパク質は糖質より太りにくく、

ダイエット中でも必要な栄養素です。

 

なので、シンプルなハンバーガーを選ぶより

卵が入ってタンパク質が増えた

エグチを選んでみるのもいいですね。

 

◉まとめ

・カロリーも重要だがバランスはもっと重要

・食べる順番で脂肪の吸収量が変わる

・サラダ、スープは必須!

 

上手にメニューを選んでファーストフードを楽しみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


投稿者: mana23

はじめまして。 子育て中の主婦です。 他にも同じようダイエットに悩んでいる方の力になりたいと このお仕事にチャレンジさせていただきます。 頑張りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す