下半身ばっかり肉がつくのはダイエットの基本が出来ていない証拠

こんにちは。さかいゆうです。

▲下半身太りはかなり損な体型

上半身から顔にかけては普通なのに、
なぜか下半身だけドカっと迫力がある人っていますよね。

アンバランスですごく残念な感じ…
まぁ余計なお世話かもしれませんが(汗)

でも損をしている事は間違いないと思うんですね。

下半身太りは生活習慣を見直すだけでも改善できるので、
ダイエットの中では比較的楽です。

ちょっとの意識で、スタイルを変える事が出来ます。

逆を言えば、生活習慣を変えなければ、
下半身太りはどんなに運動や食事制限をしても、
効果がでにくいっていうこと。

下半身太りの原因を追求して、
徹底的に問題要素を取り除いていきましょう。

スポンサードリンク

▲下半身太りの原因

下半身は脂肪がつきやすい部分なんです。
セルライトや浮腫みなどの症状は下半身に目立ちますよね。
こういった老廃物の蓄積血行不良などの要因が重なって、
下半身デブを作り出してしまいます。

また骨盤の位置がズレていたり、
姿勢が悪くても下半身太りになります。

特に上半身と下半身をつないでいる骨盤がズレていると、
内臓が本来あるべき位置よりも下がってしまい、
代謝が低下して脂肪が溜まりやすいんです。

つまり、下半身太りを改善するには、
骨盤を含め姿勢を正して内蔵を正しい位置に戻し、
血行を良くする事が大切。

それには生活習慣の改善が、最も効果的です。

スポンサードリンク

対策①姿勢矯正

まず日頃から正しい姿勢を心がけましょう。

といっても、姿勢はもうクセみたいなものですから、
意識した瞬間には正していても、
気付いたら元に戻っているっていうのがほとんど。

だから「姿勢矯正」っていう言葉があるんですよね。
でも矯正すれば正せるから姿勢っていい子だなって思います。

脂肪は「ここにおさまっていなさい!」って言って
矯正できませんからね…燃やすしかないわけです(笑)

ということで、骨盤矯正とか姿勢矯正のコルセットを用いて、
日頃から負荷をかけて姿勢を正していくのが
最も効率がよく効果的です。

座った時に足を組む人や、
荷物を持つ手が決まっている人なども、
負担が偏ってしまっていて歪みを作ってしまいます。

そうしたクセも見直していきましょう。

正しい姿勢になれば、正しい位置に戻るだけでなく、
内蔵を支える筋肉を鍛える事にもなって、
代謝もあがって痩せやすくなりますよ。

対策②マッサージ

血行を良くするにはマッサージが一番です。

特に下半身はセルライトが出現しやすい場所で、
老廃物が蓄積してしまいがち。

とにかく老廃物が流れていくように、
徹底的にもみほぐしましょう。

脚というパーツは、
自分でも両手を使ってマッサージが出来るので
大変恵まれているなぁって思います。

無理な姿勢でマッサージしても呼吸が伴わなかったり、
最悪体のどこかがツッてしまいますからね…。

入浴中やお風呂上がりなどの
血行が良くなっている時に行うと効果的です。

血行が良くなれば冷え性も改善しますし、
代謝も良くなるので、
浮腫やセルライト解消以外にも、
ダイエット効果が期待できますよ。

対策③食事

浮腫や冷えなどは食生活でも改善できます。

塩分の多いものを食べると浮腫むって言うのは、
多くの方が知っていますよね。

では砂糖も浮腫の大敵というのは知っていますか?

砂糖は血行不良を引き起こしますし、
食べた後に喉が渇いて余計な水分を欲してしまいます。

適度な水分摂取はダイエット効果がありますが、
砂糖を摂取したときは例外で、
血行が悪くなったところに過剰な水分が入ってくると、
老廃物が排泄できなくなってしまうんです。

またダイエッターが好む人工甘味料も、
体内で消化分解する際に大量の消化酵素を必要とし、
その結果代謝を低下させてしまって浮腫の原因となるのでNGなのです。

そして冷え性を改善するには、
体を温める食材を選びましょう。

しょうがやにんにく、ねぎなどは有名ですよね!
根菜類も効果的なので、煮物はおすすめです。

スポンサードリンク

▲小さなクセを見つけて正していきましょう

日頃の姿勢や習慣を見直して体質改善をする事が、
下半身太り解消に最も重要です。

特別なトレーニングや過度の食事制限ではないので、
気楽に生活に取り入れていく事が出来るのではないでしょうか。

血行不良改善」「姿勢矯正」は
ダイエットツールとして推奨されている事が多く、
様々なやり方があります。

自分に合った方法を見つけて、
少しずつ取り入れてみるといいと思います。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す