ファスティングダイエットのやり方を間違えると病気のリスクがあがる!

こんにちは。さかいゆうです。

▲超人気!ファスティングダイエット

短期間の断食を行う「ファスティングダイエット」

食べる事が大好きな私にとっては、
正直無縁なダイエット方法だったのですが、
人気が出るにつれて友人達がするようになって…

「ファスティングていう響き、カッコいいじゃん!」

ただそれだけの動機で、
私も酵素でトライしてみた事があります。

胃腸を休め、
デトックスで体内をキレイにし、
体脂肪を燃焼させることが目的
ファスティングダイエット。

むしろ大食いの私みたいな人こそ、
やるべきダイエットです(笑)

でも間違った方法だと、
逆に脂肪を溜め込んでしまったり、
体調不良を引き起こして逆効果…。

正しいファスティングダイエットのやり方を
お教えします。

スポンサードリンク

▲失敗する原因ナンバーワン

「ただ食べなければいいんでしょ?」っていうのは、
無知な人ほど陥りやすいダメな考え方

人間の体は食事を抜くと、
脳が飢餓に備えて脂肪を蓄えるようになっています。

ただ食事をやめて摂取カロリーを抑えるだけの断食では、
むしろ太りやすい体質を作ってしまいます

準備期回復期をきちんと設けて、
脳の勘違い体への負担を回避することがポイント。

栄養不足状態にならないように、
専用ドリンクを取り入れる事も大切です。

スポンサードリンク

▲準備期

まずは胃腸と体調を、
ファスティングに備えて整えていきましょう。

準備運動をしないで運動をすると、
ケガや体調不良につながりますよね。

準備期は準備運動と同じだと思ってください。

これを適当にやってしまうと、
不快な症状を招いてしまう危険性が高いのです。

ファスティングを実施する日数と期間、
準備期として過ごすのが理想です。

規則正しく健康的な生活を過ごしましょう。

・和食ベースな食事を腹八分目
・間食やアルコールはNG
・よく噛んでゆっくり食べる
・遅い時間帯の食事は避ける

このポイントを抑えて、
胃腸をファスティングに万全な状態にして
ファスティング期に挑みます。

スポンサードリンク

▲ファスティング期

ファスティング期は固形物は一切口にしません。

水と専用ドリンクのみで過ごします。

6日間が理想とされていますが、
あなたのライフスタイルに合わせて、
実施しやすい日数でOKです。

ファスティングを行うときは、
スケジュールを確認しながら、
ファスティング期を確保できるタイミング
行うようにしましょう。

イベントや仕事の接待などとかぶってしまったら、
ファスティングも台無しですし、
人間関係にも亀裂が生じてしまうかもしれないですからね。

朝・昼・夕の3回の食事代わりに、
酵素ドリンクなどで栄養を補給します。

水は普段なら1日2リットルが目安ですが、
食事による水分摂取量が無い分、
普段よりも多めに飲む必要があります

脱水状態にならないように、
必ず2リットル以上は飲みましょう。

▲回復期

回復期は最低でも3日間は必要。

辛いファスティングを終えて、
固形物の摂取を解放されたからって、
すぐに以前の食生活に戻してしまうのはダメ。

リバウンドはもちろん、
体が驚いてしまい、むしろ不調を引き起こします。

ファスティングダイエットにおいて、
回復期が一番重要なので慎重に過ごしてくださいね。

手術のために絶食を余儀無くされた患者さんも、
お粥から徐々に普通食に戻していくものです。

絶食でお休みしていた胃腸に優しい食事を心がけ
お粥や消化の良いお豆腐などから始めましょう

消化器官に負担を与えないように、
満腹は避け腹八分目にしておきます。

消化の悪いものや刺激物は避けてください。

肉や魚の動物性タンパク質や、
パンやお菓子などの小麦や糖類が多い食べ物ですね。

▲栄養士から一言

最後に栄養士の私が、
ファスティングダイエットに対する思いをお話しします。

人間にとって「栄養」は、
生命維持成長のために必要な栄養を摂取し、
消化吸収排出までの一連のメカニズムのことを言います。

食物から栄養を摂取する事が望ましいもの。

ファスティングは、
人間の栄養活動を一定期間和らげ、
体内を浄化する事のオマケとして
ダイエット効果が期待できるのです。

決して摂取エネルギー量を減らして痩せる方法と、
勘違いしないようにしてください。

私がファスティングダイエットで最も怖いと思うのは、
リバウンド云々ではなく、
拒食症」に陥るリスクが高い気がする事です。

食に対する誤った考え方があると、
心の病にかかってしまうことがあります。

私も痩せ願望が強過ぎた時に
過食嘔吐になった経験があるからこそ、
ファスティングダイエットに少し懸念があるんですね…。

期間限定だからこそ意味があるという事を、
忘れずに行うようにしてください。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す