必ず効果が実感出来る、『顏痩せダイエット』

こんにちは。ボディメイキングセラピストのyukiと申します。

今回は「お顔痩せ」のことについて、お話しさせていただきますね。

▽もう、「平たい族」とは言わせない!
必ず効果が実感出来る、『顏痩せダイエット』

 

小顔になりたい!女性ならみんなそう願うはず…。
日本人の顏は、凹凸がなく、平べったい顏をしているので
どうしても、顏が大きく見えがち…。
ある映画「〇〇〇〇ロマエ」でも日本人の顏を見て、〇〇寛が、「この部族は、なんて平たいお顔をしているんだ!」なんて言っていた。映画の中では、日本人のことを「平たい族」と読んでいたのも、笑えるけど、自分自身が完全に当てはまっているのでなんとも悲しい気分です。でも、当たっているから仕方がない。

最近の女子、いえ男子も、顎の発達が低下しているのか?エラの部分がシュッとしている人が増えていると思います。たぶん、食生活の変化かも?
昔に比べて、固い物を食べる習慣が減ったせいや噛む回数が少ないせいではないでしょうか?シュッとしているから顏が昭和の頃の人より小さくなっている。
でも、これはいいことなのか?
顏痩せダイエットとしてこれを取り入れていく事は、正直考えものです。

スポンサードリンク

▽今すぐ小顔になるなら…「3Dメイク」。

では、小顔に見える方法としては、一番いいのは「メイク」。
最近では、3Dメイク=顔に立体感を出すメイクのこと。
早速、3Dメイクに挑戦してみました!気になる部分にシェーディングを入れて、高く見せたい部分にハイライトを。SNSの動画などでじっくり研究。
参考にするのは小顔の欧米人。見ていると、塗っていく量がハンパではなく、
欧米人ほど塗ってしまうと日本人には、なんか不自然‼︎ 厚塗りメイクになるし、時間が経つと化粧がよれはじめる。だけど、即効性を求めるなら3Dメイクを極めるのも一つの方法かも。

スポンサードリンク

▽顏痩せエクササイズ成功の秘訣!

やっぱりメイクだけじゃダメ‼︎ 基本に戻り、小顔になるには、余分な脂肪を取り除き、タルミやむくみを解決すること。スッピン顔の状態でも小顔でいたい!そんな、悩みを解決するには、「顏痩せエクササイズ」をするのが一番いいかも。

顏痩せエクササイズとはいえ、やたら動かすわけではありません。顏には30種類以上もの筋肉があり、これを「表情筋」と呼びます。表情筋が目や口、頬などを動かし、表情を作っています。
いわゆる、表情筋は皮膚や脂肪を支える顔の土台」ということになります。
顔の筋肉は、体の筋肉より、薄く面積も狭いので、効果も出やすいと言われいます。

▽早速表情筋を動かして「顏痩せエクササイズ」を始めましょう!

表情筋って、いっぱいあるけど…
いったい、どの部分からはじめるといいの?って思いますよね。
まずは、「」です。頭にも筋肉があって、顏の筋肉全体を引き上げています。
また、ストレスや緊張が続くと頭の筋肉が凝り固まり膨らんできます。これが顏の横幅を広げる原因に。
顔だけエクササイズしても原因が頭の筋肉の凝りや緊張にある場合、残念ながら効果は出てきません。
まずは、頭の筋肉からほぐすことで顔全体のリフトアップと横幅を小さくすることが顏痩せエクササイズの成功の秘訣です。

スポンサードリンク

▽頭のコリをほぐして、小顔になる!

では、頭の筋肉のほぐし方を説明していきます。
頭の筋肉は、おでこにある前頭筋、耳の上ある側頭筋、そして後頭部にある後頭筋です。この中でも、耳の上にある側頭筋が「小顔のカギ」を握ります。

側頭筋のほぐし方
①両手の指先を、大きく広げ耳の上の側頭筋におきます。
②頭皮全体を前後にずらすように動かしていきます。
ここでポイント!
側頭筋は大きな筋肉なので、置いた指先は、少しずつ移動しながら広範囲を
ほぐしていきましょう。
③1箇所、5回くらいを目安に動かしほぐしていきましょう。

こちらのほぐしを行うだけでも、顔の雰囲気は変わってきます。

もっと顔痩せについて知りたいあなたは!

こちらの記事もどうぞ…。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「3つの表情筋エクササイズで小顔をゲットする!」

ここまで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

☆関西近郊の方必見!☆

体のバランスを整え、健康な体を作る!女性のためのパーソナルトレーナーが在籍する。Beauty and Relaxation for Hogushiya&Aiはこちら!

投稿者: body-makeyuki

【経歴】 現在48歳です。 パーソナルトレーナー、 ボディメイキングセラピスト アロマコーディネーター、 薬膳アドバイザーの資格を生かして お仕事をしております。 役立てる情報をわかりやすく発信したい! それを一字一字に書きたいです。 実体験や自分のもてる見識から、 ダイエットに役立つ記事を書いていきたいと 思っています。

コメントを残す