栄養士イチオシ!ダイエットの食事でお手本にするべきなのはコレ!

こんにちわ。さかいゆうです。

▲食事はダイエットの基本

ダイエット中の食事って
どんなもの?

「カロリーが少なくて、
栄養バランスのとれたもの!」

具体的には?

「油を使わなくて、野菜たっぷりかな…」

例えばどんな料理?

そう聞かれると、
ほとんどの人が戸惑うものです。

答えが出たとしても、
蒸し物やサラダだろうなぁって
思います。

食事が大切なのは重々承知だけれど、
食材の効能を聞いて
「へぇー」って関心を抱く程度。

それ以上の深入りなんて無理無理。

カロリー計算とか
栄養価の計算なんて、
めんどくさくて、
ぶっちゃけやってらんないよ!

普通、こんな感じです。

私、栄養士なので、
病院とか保育園の
献立作成の仕事をしていましたけど、

これ、
仕事であっても厄介な業務の1つ。
これを私生活でもやれって言われたら…

病みますね。
そして三日ともたないです。

そのくらい、
目的に合わせた献立を
栄養価に基づいて作るのって
とても大変なんです。

それでも、
やっぱり理想のダイエット食を
きちんと食べたい!

そんなあなたに
とっておきの方法があります。

スポンサードリンク

▲栄養士が考える食事とは

栄養士さんが
献立作成をするときは、
エネルギーはもちろん、
塩分とかコレステロールとかも
考慮しなければならないんですね。

揚げ物に使う油も、
計算式にあてはめて算出したり…
調理法によっていろいろあります。

まぁ計算は、
パソコンに入力すれば、
勝手にやってくれますけど、
指定された数値の範囲内に
おさめるのが結構大変…。

それが食の専門家の、
栄養士さんなんですけどね(笑)

こんな風に計算されて作られた食事を、
あなたのお家で食べる事ができるのが、
「宅配サービス」です。

スポンサードリンク

▲今「宅配」が密かなブーム

実は、食事の宅配って今人気があるんです!

ダイエットに限らず、
糖尿病食や高血圧食、
高齢者向けの食事とか、
利用されている方は多いです。

きちんと栄養士さんに
管理されている食事なので安心です。

メニューも豊富で飽きない。

レンジでチンだけだから便利。

自分で作ろうとすると、
食材の確保や調理といった
面倒な事が多いですが、
これだったら無駄も省けます。

スポンサードリンク

▲宅配と通販、似て非なるもの

「宅配」と「通販」って似てますよね。
でも、食事というカテゴリーから見ると
ちょっと違うんです。

通販で取り扱われている食事って、
「100kcalのスパゲッティー」
「マイクロダイエット」
といったものが多いですよね。

ランキングを見ても、
ほとんどレトルトとか
置き換え用のスムージー、
サプリメントですね。

これらは、
エネルギーや栄養素のバランスが
とれていたとしても、
「食事」と呼ぶには違和感がありませんか。

一方の宅配は、
調理されたものが加工されて、
お弁当箱のようなものに
盛りつけされているものが
一般的。

「食材から栄養がとれる」という点が
本当素晴らしいです。

▲自炊もバランス◎を目指そう

もちろん、
レシピを見て自分で作るのも
とってもいい事ですよ!

ただ、レシピとかだと、
一品に特化していて、
なかなか「ダイエット食」としての
全体像が見えなくないですか?

ごはんは?みそ汁は?
どう組み合わせたらいいの!?
って思っちゃいます。

▲1日通してバランスを◎を目指そう

ダイエット食といえば、
スザンヌさんが
産後に1ヶ月で−7kg痩せた
デトックススープ」は有名で、
ダイエッターにも人気の食事です。

私も作ったことあります!

置き換えダイエットで
3食のうち1回を
スープにする方法でしたよね。

他の2食は普通に食べていいそうです。

そう言われても、
「普通ってなに?」ってなりますよね。

そんな時にも、
ダイエット食の宅配って便利ですよ。

▲ダイエット食を食べて学ぼう

広告等の写真を見るだけでも、
勉強になると思いますし、

実際に食べてみたら、
味付けや量などを
感覚でつかめると思います。

調理のモデルとしても良し。
情報や写真を
参考書にするも良し。

是非一度、
興味を持っていただけたら嬉しいです。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す