コールドストーンクリーマリーのアイスクリーム!ダイエット中でもオススメ!!


こんにちわ(^^)
私はmai.1202と申します。
よろしくお願いします!

コールドストーンクリーマリー

コールドストーンクリーマリーは
アメリカアリゾナ州に
本社のあるアイスクリームの
ブランドです。

コールドストーンクリーマリーの
アイスクリームは、
冷えた石の上で
さまざな具材を混ぜ合わせ、
ワッフルコーンの上に乗せて
更に可愛いトッピングも!
普段味わえないアイスクリームが
特徴!

どれも、アイスクリームの
味がしっかりあり、
一度食べたらゴージャス感に
大満足間違いなし!

組み合わせや、
パフォーマンスは、
アイスクリームが
できるまでの間、目でも
楽しめるのがオススメ!

コールドストーンクリーマリーの
魅力をご紹介していきます!

 

 

スポンサードリンク

 

●コールドストーンメニュー
カロリー●

コールドストーンクリーマリーでは
季節のイベントに合わせて
沢山の新メニューが追加されます。

期間限定商品で
やはり、1番のオススメは、
冬!冬ならでわの、オススメを
カロリーとご紹介していきます!

*ウィンターホーリーピスタージュ

ピスタチオアイスクリーム
レッドベルベットケーキ
ホイップクリーム
ピスタチオ
カシスパウダー
プレッツェル
ワンサイズ 450キロカロリー

*クランチーマカダミアナッツ

マカダミアナッツアイスクリーム
レッドベルベットケーキ
マカダミアナッツ
プレッツェル
ヌテラ
(ヘーゼルナッツチョコレート風味)
Sサイズ 402キロカロリー

*ホワイトトゥインクルスター

マカダミアナッツアイスクリーム
ホワイトチョコレート
ラングドシャ
マカダミアナッツ
Sサイズ368キロカロリー

*チョコレートラヴァーズ

チョコレートアイスクリーム
ラズベリー&クランベリージェラート
ラングドシャ
ヌテラ
Sサイズ 403キロカロリー

コールドストーンでは、
色々なサイズが選べます
S M L やワンサイズ
があり、もちろん大きくなれば
なるほどカロリーも上がります。

沢山の具材を混ぜ合わせて
作るので、カロリーは、
高くなってしまいますね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

●コールドストーンは、
ダイエットに向かない?●

カロリーだけを見ればやはり
ダイエットにはかなり大敵な…
更にアイスクリームって、
食べ過ぎると太る……

ジェラートは、確かに
食べ過ぎると太ります。

コールドストーンアイスクリーム
のアイスでダイエットに
オススメできる商品が
実はあるのです!

夏季期間限定のアイスバー!!
サイズも小さく冷たい
おやつとしてもオススメ!

アイスクリームを我慢した
ご褒美にアイスバーを
選択してみるのも、いいですよ!

サッパリとした、マンゴーや
キウイフルーツの酸っぱさが
逆に食欲を抑えてくれたり
お口直しにも!

更にアイスクリームには、
冷えた体を温めようとして
脂肪が燃焼するという効果や、

バニラにも
肥満効果を抑える成分が
はいっていたり、
アイスクリームに含まれる
乳糖には、内臓脂肪や、皮下脂肪の
増加を抑えようとする
効果も実はあるのです!

流石に食べ過ぎると
太りますが…
上手に理解し、
摂取することで、必ずしも
アイスクリームは
太る食物ではないのです。

自分への
たまにたまーにの
ご褒美に
コールドストーンアイスクリーム
を試してみては
いかがでしょうか?

 

 

スポンサードリンク

 

●●まとめ●●

コールドストーンクリーマリー
は、アメリカから日本に
進出したアイスクリームの
ブランド!!

さまざまな、具材を
冷えた石の上で混ぜ合わせ
カリカリのワッフルコーンの上
に乗せ、
見た目にも可愛く、
食べても美味しい、
最高級なアイスクリーム!

ダイエットには
やはり、カロリーも高いため
食べ過ぎるのは
よくありませんが、

アイスクリームの
成分が必ずしも
全て太る!といった
訳ではないのです。

たまにの、贅沢に
コールドストーンの
アイスクリームを
チョイスしてみるのも
オススメです!

辛いだけがダイエットじゃぁ
楽しくないですよね。

夏期間限定の
アイスクリームバーなども
ダイエット中のおやつに
オススメ!

皆さんも是非、
コールドストーンクリーマリーで
楽しいパフォーマンスと
美味しいアイスクリームを
食べてみては
いかがでしょうか?

最後まで読んでいただき
ありがとうございます。


投稿者: ma1.1202

はじめまして!私は広島出身の女性で、 3児の母親です。 33歳以前は82キロありましたが、今は53キロです。 1番痩せてた時期は47キロでした(^ ^) まだまだライターとしては初心者ですが、そんな経験を活かして ダイエットの色々な情報を記事にしてみたいです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す