短期間で大幅減量!?アトキンスダイエットとは?


  • こんにちは!子育て奮闘中の主婦mana23です★
多分アトキンス氏ではございません

みなさんは『アトキンスダイエット』という名前を聞いたことがありますか?

アトキンスダイエットは他に【低炭水化物ダイエット】【ケトン式ダイエット】【ローカーボダイエット】【低糖質ダイエット】とも呼ばれます。

他のダイエットと比べて短期間で効果が出やすいため、アメリカをはじめ世界で人気が出たこのダイエット。

今回はそんなアトキンスダイエットのやり方やその効果、注意しなければいけない点などをご紹介します!

スポンサードリンク

◉アトキンスダイエットとは?

アトキンスダイエットは、いわゆる炭水化物をコントロールする糖質制限ダイエットです。

アメリカのロバート・アトキンス博士考案のこのダイエット方法。

炭水化物(糖質)の摂取を制限することで、体に蓄積された脂肪が優先的にエネルギーとして使われるようになるため、脂肪燃焼効果があります。

また、私たちが1日に摂取するカロリーのおよそ半分は炭水化物といわれているので、

その炭水化物を減らすことで必然的に摂取カロリーは減り、ダイエット効果もさらに上がります。

スポンサードリンク

◉アトキンスダイエットのやり方

ここでアトキンスダイエットのやり方をご紹介します。

①スタート〜2週間

まず始めの2週間を準備期間とし、通常1日に200〜300g摂取している炭水化物を20gまで制限します。

糖分の代わりに脂肪がエネルギーとして使われる状態へと誘導します。

このとき、ごはん、パン、麺類、芋類、お菓子はもちろん、果物や豆に至るまで徹底的に制限します。
摂取できる炭水化物は、野菜などに含まれるわずかなもののみ。

このとき見落としがちなのは調味料に含まれる炭水化物です。ケチャップやソースも禁止です。

一方、ダイエット中は控えがちなマヨネーズは、脂質は含まれますが糖質は含まれないのでさほど気にしなくて大丈夫です。

もちろん、摂りすぎは禁物ですが‥

②2週間〜目標体重まで

準備段階では20g以内に制限された炭水化物ですが、次は40g程度まで増やします。

炭水化物の摂取量と、それに対する体重の増減を計測しながら行います。

③目標体重達成後

目標を達成した後は、体重が増えない程度に炭水化物の摂取が可能になります。

果物や玄米を摂ることができます。このとき、甘いものや白米は避けましょう。

スポンサードリンク

◉アトキンスダイエットの注意点

ここまでご紹介してきたアトキンスダイエット。

簡単に実践できることや短期間で効果が出ることなどのメリットがありますが、デメリットもあります。

人の三大栄養素である糖質(炭水化物)。糖質の摂取量を減らすことで代わりに脂質、たんぱく質の摂取量が増え、心臓への負担が懸念されます。

また炭水化物は脳にとって唯一のエネルギー源であり、摂取量を極端に減らすとイライラしたり集中力がきれて無気力になることもあります。

炭水化物に含まれる食物繊維が不足するため、便秘になることも。

そしてなんといっても一番怖いのがリバウンドです。

体に入ってくる糖質が減ると脳が危機を察知し『もっと食べて!』と脳に指令をだします。

そのため食欲を抑えられなくなり、衝動的に一気に食べてしまうのです。

実際、アトキンス博士も亡くなる前は116kgあったようで、リバウンドでは?と言われています。

◉まとめ

・糖質の摂取量を減らし脂肪を燃焼させるアトキンスダイエット

・段階を踏んで実践していくことで効率的に行える

・メリットもあるが健康を害することもあるので注意する

いかがでしたか?
比較的簡単に実践でき、効果も出やすい魅力的なダイエット『アトキンスダイエット』。実践する際はやり方を守り、安全に効率的に行いましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。


投稿者: mana23

はじめまして。 子育て中の主婦です。 他にも同じようダイエットに悩んでいる方の力になりたいと このお仕事にチャレンジさせていただきます。 頑張りますのでどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す