ダイエット中でも外食できる! やよい軒で何を食べるか


みなさまこんにちは☆ 私はmochaと申します。

エット中に外食しなければならないことがあると思います。

そんな時にはなるべく和食のレストランで食事をするのがおすすめです。

 

和定食を提供している「やよい軒」が近くにあるのなら、

こちらを選んでみてはいかがでしょうか。

 

やよい軒では「一汁三菜」(主菜一品+副菜二品)の構成を基本とした

和食メニューを提案しています。

 

では、ダイエッターがやよい軒で食事するなら、

どんなメニューを選べばよいのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

★カロリーで選ぶなら

とにかくカロリーオフのダイエットをしている方のために、

やよい軒の低カロリーメニューをご紹介しましょう。

 

1位 鉄火丼

カロリーは498kcal

素材が生魚で揚げる・焼くという調理がされていないことで、

脂質がかなり抑えられているヘルシーなメニューです。

 

2位 肉野菜炒め定食

白米を十六穀米に変更すると、カロリーは603kcal

お肉とたっぷりの野菜がいただけるので満足感も得られやすいでしょう。

 

3位 生姜焼き定食

白米を十六穀米に変更すると、カロリーは650kcal

お肉がたっぷりいただけるので、ごはんを控えめにしても満足感

得られるのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

★糖質オフで選ぶなら

やよい軒では、定食の白米を十六穀米に変更することができます

 

白米を十六穀米にすると、炭水化物を8g・エネルギーにして27kcalをオフに

することができます。

 

また、十六穀米には白米よりも血糖値があがりにくい食物繊維が豊富などの

メリットがあります。

 

もちろん、十六穀米を食べる量を控えるとさらなる糖質・カロリーオフ

可能になります。

 

一方で、避けておいた方が良いメニューもいくつか挙げておきます。

 

かつ丼 定食ではないので白米のみになります。炭水化物は122g、

エネルギーも1000kcalに限りなく近いです。

 

チキン南蛮とエビフライの定食 エビフライの衣の影響か、

主食を十六穀米にしても100g以上の炭水化物を含んでいます。

エネルギーは1290kcalになります。

 

スポンサードリンク

 

★サイドメニューのみで食事が成立するか

完全な糖質制限ダイエットをしている方には、定食も丼ものも抵抗がある

かもしれません。

 

では、サイドメニューだけで食事することは可能なのでしょうか?

 

残念ながら、やよい軒のサイドメニューにはメインディッシュになりえる

副菜がありません。

 

しかし、高たんぱく低脂肪メニューの納豆・冷奴・卵焼きなどに、

野菜サラダ汁物を追加するなどして組み合わせてゆくと、

 

たくさんの品数を注文しても糖質・カロリーオフの食事が成立する可能性が

あります。

 

また、「定食のごはん抜き」というオーダーに応じてもらえる可能性があります。

店舗によって対応が異なる場合があるので、従業員の方に相談してみましょう。

 

★まとめ

ダイエット中にやよい軒で食事をする際の、メニューの選び方をまとめてみました。

・一番カロリーの低い鉄火丼500kcal未満で食事ができる。

・定食の白米を十六穀米に変更すると糖質・カロリーオフになってヘルシー。

フライを含んだメニューは糖質・カロリーともにオーバーしがち。

サイドメニューも組み合わせによっては立派な食事になりえる。

 

和食にはダイエットをサポートしてくれる要素がいくつもあります。

せっかく日本に住んでいるのだから、利用しない手はありませんよね。

 

やよい軒で食事をすることになったら、

この記事をメニュー選びの参考にしてみてくださいね。

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!


投稿者: mocha

はじめまして。北海道在住のmocha(モカ)です。 本業は研究機関でオフィスワークをしています。 『ダイエット』と言えば、私は18歳から36歳までの約20年間もの間、 数えきれないほどのダイエットとリバウンドを繰り返してきました。 42歳になった現在は理想のスタイルを手に入れ、 ダイエットとは無縁の日々を過ごしておりますが、 ダイエット中のエピソードは尽きることがありません。 そんな経験を活かし、ダイエットの情報を発信して、 かつての自分のように、ダイエットに悩んでいる方の お役にたてれば幸いです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す