ダイエットの強い味方?パーフェクトスリム


こんにちは、ujinonです。

よろしくお願いします。

あなたはこのパーフェクトスリムというサプリをご存じでしょうか。

こちらはあの無添加化粧品などで有名なファンケルから出ているダイエットサプリとなっております。

201年の2月には更に進化を遂げ、「パーフェクトスリムW」として新たな形と遂げているこのサプリ、いったいどのようなものなのでしょうか。

今回はそのサプリについて調べましたので、是非ご覧ください!

 

スポンサードリンク

●どのような成分が入っているのか

サプリをのむにあたり、一番気になるのは中の成分かとおもいます。

やはり、体内に取り入れるものとして、悪いものが入っていないか不安になりますよね。

パーフェクトスリムに含まれる成分はこのようになります。

 

L -カルニチン

こちらは、脂肪酸をミトコンドリアに運ぶ働きをもつ成分です

脂肪酸は大抵はミトコンドリア内で、エネルギーに変わります。

しかし、そのミトコンドリアにはいるためには、L -カルニチンが必要とされています。

ただ、このL-カルニチンというものは、自分の体内のみの力ではなかなか作られません。

大抵の場合、足りない量は食事で摂取することになります。

しかし、この成分は主に牛肉や羊肉などに多く含まれています。

そうなると、どうしてもあとは気になるのはカロリーとなってしまいます。

ダイエット中にカロリーが高い肉を食べるのはたしかに気が進みません。

そこでこちらのサプリでは一回6粒飲むことで、こちらのL -カルニチンを摂取できます。

こちらの成分は、継続してとることにより、代謝もあがるので、毎日のむにはとっておきかと思います。

 

緑茶カテキン

この緑茶カテキンは、血糖値が上がるのを緩やかにしてくれます。

人間の身体は、血糖値が上がると、ブドウ糖をエネルギーに変えるインスリンが活動を活発にします。

しかし、変換されたエネルギーは、全く使われない場合、脂肪として体に蓄積されてしまいます。

そうなることを緑茶カテキンは防いでくれます

それだけではありません。

緑茶カテキンには、脂肪や糖質の吸収を抑える効果ももっているため、ダイエットには最適とされています。

 

スポンサードリンク

 

ダイエットにきく飲み方

 

パーフェクトスリムWの飲み方は少々特徴的です。

それは、1の目安量、6粒を、活動を始める前の食事後に全て飲むとのこと。

朝起きたときや、仕事前などです。

朝食の後に飲むというものでよいと思われます。

 

理由はパーフェクトスリムに入っている L -カルニチン、緑茶カテキンの効果です。

こちらの成分は、活動により燃焼される脂肪を増やしてくれます。

まず動くことで血行促進効果により、体温が上がり、汗が出やすくなります。

そうなることにより、更に脂肪が燃えやすくなります。

 

また、緑茶カテキンによる脂肪燃焼の働きも、活動と共に高まります。

ですので、このサプリの効果をとことん引き出したいかたは活動前にしっかり飲むことを忘れないようにしましょう!

 

スポンサードリンク

注意点

このパーフェクトスリムというのは、「のむだけでやせる!」というわけではなく、あくまでも脂肪を燃やす手助けをするサプリです。

代謝を高め、しっかり燃やすために簡単な運動はしっかりと行うようにしましょう

そうすることにより、リバウンドすることなく、きれいにやせていくようになります。

それと、摂取量を誤ると、胃腸を悪くしたり、身体を壊す危険もあるので量はしっかり守るようにしましょう。

 

まとめ

・パーフェクトスリムは脂肪をエネルギーにかえ、代謝をよくするサプリメント

・活動前に摂取すると効果があがる!

・規定量はしっかり守って運動もするように!

 

このサプリメントはやせた!という口コミも多くあり、その大抵がしっかりと運動もして、補助としてのむ形が多く見られました。

マイナスの口コミはこれだけでは痩せない、日常生活のだけでは効果ないとのことでした。

ですので、こちらをのむ際は、しっかりと上記を参考にしてしっかりと運動もとりいれてきれいな身体を手に入れましょう!

ご閲覧ありがとうございました!


投稿者: ujinon

はじめまして。プロフィールの閲覧ありがとうございます。 私は現在20代の女性で大阪に住んでいます。 自分でもダイエットはあらゆる事を試していますので、 他にも同じように悩んでいる方の力になりたいと ダイエットの情報を発信する事にしました。 まだまだ未熟ですが、がんばっていきたいと思います。 文章などもかくのは苦手ですが、 少しでも相手にわかりやすく書いていけるように 努力していきたいと思います。よろしくお願いします。

コメントを残す