リコピンでダイエット!簡単レシピとおすすめのおいしい食べ方


こんにちは、シカサンと申します。よろしくお願いします。

 

トマトなどに多く含まれているリコピン、これがダイエットに効果的という話は聞いたことがある方も多いと思います。

 

トマトは日常的に食べる野菜の一つなのでダイエットにも取り入れやすいからとやったことがある方も少なくないと思います。

 

ただこういう一つの食材をダイエットとして使うと、飽きが来てしまって続かないということが起こりがちです。

 

ですので、今回はリコピンダイエットの効果やレシピについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

リコピンダイエットの効率的な方法は?いつとるのがいいの?

 

リコピンを摂取するとどうして痩せるのかというと、リコピンには血液中の中性脂肪を減らしてくれたり、代謝を上げてくれる効果があるので、脂肪に直接的に効果を発揮してくれるからです。

 

そして肥満などからくる生活習慣病に対しても効果があり、リコピンが持っている抗酸化作用が健康にもいい効果を発揮してくれます。

 

そんなリコピンですが、摂取のタイミングなども大切です。

 

リコピンを効率的に摂取するにはまず食事の中にトマトなどのリコピンが入っている食べ物を積極的に入れる必要があります。

 

トマト以外にもスイカなどの食べ物も含まれているので、毎日トマトだらけの食事になることも、食生活で工夫することができます。

 

ですが、それでもリコピンの摂取量が足りない場合があります。

 

リコピンは毎日15mg摂取するのが理想とされているのですが、これはトマト約3個分に相当します。

 

毎日トマト3個食べるなんでなかなか難しいと思いますので、トマトジュースやそれも難しい場合はサプリメントで補給するのがいいかと思います。

 

食事でリコピンを補給するのが基本になってきますので、サプリメントを摂取するタイミングについては食後すぐに飲むのがいいと思います。

 

自分の食生活に無理がない程度に取り入れてみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

リコピンダイエットに朗報!焼きトマトにすると効果が上がる!?

 

普通にトマトを取ると3個分食べなくてはいけない。

 

大変と感じた方も多いと思いますが、焼きトマトにすると通常のトマトよりも吸収率があがります

 

というのもリコピンはトマトの細胞に入っています。

 

そのまま食べると細胞がリコピンを守る形になってしまいあまり吸収されません。

 

ですが、過熱をすることによってトマトの細胞が壊れ、リコピンが簡単に摂取できるようになります。

 

トマトを取る際にはただ摂取するのではなく、焼きトマトはもちろんのこと、カレーに入れたりといった火を通す料理に採用するのがいいです。

 

また、すでに加熱処理されている加工品を取るのもいいと思いますのでぜひやってみてください。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

リコピンは比較的身近な栄養だと思いますが、必要量を取ろうとするとなかなか難しいです。

 

トマトジュースであったりその他の加工品を上手に利用してリコピンダイエットを手軽にできるように自分流に工夫してみるのも面白いかもしれませんね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございました。

 


投稿者: shika-san

シカサンと申します。 ジャンルを問わず、いろいろなことを調べたり ものを書いたりすることを得意としています。 独自の視点で情報をお届けします。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す