健康診断で肥満だと指摘されたら

みなさまお疲れ様です。

速瀬桃香です。

多過ぎる脂肪は、まさに忍び寄って来る恐怖のようです。

だって、今そのお皿に残ってるものを食べたら、

体脂肪率が何パーセント増えるよ!とか、

そろそろここらへんで食べるのをやめておかないと、

脂肪が蓄積するよとか、

教えてくれればいいのにとか、ムリな事を思っていた時期がありました。

だからこそ、自分でしっかり意識を持って健康管理をしないといけないんですよね。

今回のお話は健康の管理の仕方についてです。

【スポンサードリンク】

◎体脂肪率に着目して健康管理をしましょう

定期的な健康診断で太りすぎや肥満と言われる人も少なくありません。

肥満は身体の脂肪組織の量が正常とされる値よりも増えている状態のことをいいます。

病気にかかりにくく、健康にいい体重を大幅に超えていることが、肥満になった時に注意を向けなければならないことといえます。

例えば、スポーツをしている人など、筋肉が普通の人より付いている場合は、体重が少し重くなっていたとしても、必ずしも肥満にはなりません。

骨格が細くて筋肉の少ない人だと、体重はそれほどなくても、脂肪の量が多くて太りすぎとなる場合もあります。

皮下脂肪が多く肥満体型になる人よりは、内臓脂肪が多くて肥満体型になる人のほうが、健康を阻害する恐れが大きいようです。

年齢がまだ若くて特に病気をしてない健康な人は、殆どの場合において体重は標準に近いものとなっています。

若いときの体重が標準の体重よりも少なくて、現在は標準体重並だと、現時点が太りすぎの可能性もあります。

【スポンサードリンク】

なぜ肥満になるかといえば、多くのケースは運動不足ないしカロリーオーバーの食事です。ごく一部に、ホルモン異常や、遺伝的な疾患が関係しています。

単純性肥満の場合は、自分の努力次第で太り過ぎを改善出来ますし、太りすぎによって起きる様々な成人病の危険なども減らすことが出来ます。

痩せるには摂取カロリーを減らして適度な運動をすることが一番ですが、摂取カロリーを減らすときも栄養のバランスを考えながら減らすことが大切です。

もしも肥満体型だと判明しても、すぐに深刻な病気になるわけではないですが、将来のためにも肥満体質は改善をしたいものです。

いかがだったでしょうか?

体重が増えたイコール即肥満とは限らない訳ではないですし、

また、ただちに影響があるわけでもありません。

ですが、未来の自分が少しでも健康でいられるように。

ちょっとだけ意識を向けてみると変われると思います。

あなたが健康管理を意識した生活を送ることで、いつまでも若々しくハツラツとした人生を遅れますように…☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました♬

【スポンサードリンク】

投稿者: hayase_momoka

名前:速瀬 桃香 性別:女性 年齢:30代 ひと言:現在ダイエットに励んでいます。 ひそかな目標は-20kg減らして、 ブログのタイトルを変更する事です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す