にんにく&ビタミンB1食材で脂肪を溜めない体質改善&ダイエット効果UP!


 

みなさん、こんにちはPisces12です♪

今回は『にんにくダイエット』についてご紹介いたします(*^^*)

 

 

 

 

◎にんにくダイエットの方法について

 

「にんにくダイエットってなに?にんにくだけを食べるの?」と

 

にんにくダイエットに疑問をお持ちの方もいらっしゃいますよね。

 

まずは、にんにくダイエットの方法についてシェアしていきましょう。

 

 

〈にんにくダイエットの方法とは?〉

 

ダイエットメニューににんにくを取り入れるだけ!

 

にんにくを1日1~2片を目安に、ダイエットメニューに取り入れるだけでOKです!

 

とくに、にんにくと相性の良いビタミンB1を豊富に含む

 

玄米

 

豚肉

 

大豆類

 

海藻類

 

上記の食材と一緒に摂取すると、にんにく&ビタミンB1の相乗効果で、ダイエットが効率的にはかどります。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎にんにくのダイエット効果について

 

「にんにくには、どんなダイエット効果があるの?」

 

とダイエッターなら気になるポイントですよね。

 

 

〈にんにくのダイエット効果とは?〉

 

にんにくに含まれるアリシンのパワー

 

にんにくに含まれるアリシンという成分は、整腸作用血行を促進する働きがあります。

 

整腸作用の効果で便通を整え、血行を促進する働きで、血流の巡りが改善代謝アップに繋がります。

 

さらにアリシンはビタミンB1との相性がよく、ビタミンB1の吸収率をあげる効果があります。

 

ビタミンB1は脂肪の蓄積をセーブしたり、糖を効率的にエネルギーに変える働きをします。

 

アリシンとビタミンB1が結びつきアリアチミンという成分に変化することで、ビタミンB1の働きが長時間続きます

 

結果的に、アリアチミンの働きが持続することで、脂肪が蓄積しにくい体質へと改善します。

 

 

にんにくだけを摂取するよりも、ビタミンB1を含む食材と一緒に摂取することで、上記のダイエット効果に期待できます。

 

にんにくに含まれるアリシンは、加熱しても壊れにくい特徴があるため、ダイエットメニューにも使い勝手の良い成分です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎にんにくの選び方について

 

それでは、にんにくダイエットに効果的なにんにくの選び方をチェックしていきましょう。

 

〈にんにくの選び方について〉

 

無臭にんにくにはアリシン効果は望めない

にんにくに含まれるアリシンは、にんにくの匂い成分でもあります。

そのため無臭にんにくでは、アリシンの効果は得られません。

ただサポニンという成分が含まれているので、コレステロール値をコントロールする作用血行を促進する効果に期待できます。

 

 

黒にんにくは糖度が高い

黒にんにくは熟成・発酵したにんにくなので、通常のにんにくと比べ糖度が高い特徴があります。

成分はアミノ酸やたんぱく質が豊富なのですが、糖質をセーブしたいダイエッターは控えたい種類です。

 

 

上記の理由から、ダイエッターが最も選びたいにんにくは、白く香りのある一般的なにんにくです。

 

にんにくの匂いが気になる方は、食後にりんごや牛乳を摂取する方法ブレスケアなどで対策しましょう。

 

ダイエットメニューに加えるだけの簡単なダイエット方法なので、ぜひみなさんもにんにくダイエットチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎まとめ

にんにくダイエットについてのまとめ☆

 

1.にんにくダイエットの方法は「1日1~2片」のにんにくをダイエットメニューに取り入れるだけでOK!

2.にんにくはビタミンB1を含む「玄米・豚肉・大豆類・海藻類」と一緒に摂取しましょう

3.にんにくのダイエット効果は「整腸作用・血行促進・代謝アップ・糖を効率的にエネルギーに変える・脂肪の蓄積を防ぐ」ビタミンB1との相乗効果です

4.白く香りのある一般的なにんにくがダイエッターにオススメ!匂い消しは食後にりんご・牛乳またはブレスケアで対策しましょう

 

それでは、今回のご紹介は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者: Pisces12

はじめまして。 ダイエットをしてきた経験から、 ダイエットの辛さ、体重が減る嬉しさや、体重維持の 難しさなどを身をもって実感して来ました。 現在は18時以降食べないダイエットを実践中です。 そんな自分の経験を活かして、ダイエットに関する 事を記事に書いていこうと思います。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す