あのダイエットの効果はなに!?これを読めばあなたの疑問も即解決!

こんにちわ。さかいゆうです。

突然ですが、あなたが今、ダイエットをしているとします。

それでは質問です。

スポンサードリンク

▲あなたは、なぜそのダイエットを選びましたか?

ダイエットは、
それぞれ効果が違います!

きちんと自分の目的と、
コスパなども考えて、
1番合っているものを続けていった方が
効果的です。

1つのダイエット方法に絞り切れない人は必見!

ダイエットの効果をまとめました。

▲流行に振り回されていませんか?

「〇〇でマイナス10㎏!」とか
「あの芸能人もやっている〇〇ダイエット!」とか、
テレビや雑誌でよく特集されますよね!

好奇心旺盛なダイエッターの
ハートをくすぐる言葉を巧みに
誘惑してくるわけです。

でもダイエットには流行りがあります。

次から次へと、
新手の方法がでてきます。

3日間くらいで飽きちゃって、
新しいダイエット法に
飛びついたりしていませんか?

▲ダイエットの衝動買い、その結果はというと…

私はメディアの影響を受けやすいタイプです。

話題になった途端に、
関連商品が激売れする社会現象に
巻き込まれていた1人です。

「すぐ無くなっちゃうから買いこまなきゃ」
という衝動買い…結構していましたね。

結局消費しきれずにブームが去って、
次のダイエットにうつる…

継続しないから
効果なんて感じられるはずないのに、
衝動的ダイエットで、
時間もお金も無駄にしていたなーって思います。

スポンサードリンク

▲ダイエットの共通点はこれだった!

いくつかダイエット法を
照らし合わせてみましょう。

もやしダイエット」は、
ご飯をもやしに置き換え
炭水化物を減らす方法です。
便秘が改善し、
特にお腹回りに効果があります。

こんにゃくダイエット」は、
三食のうち一回は
こんにゃくをメインにする方法です。
満腹効果やデトックス効果が高く、
体重が減ります。

寒天ダイエット」は、
寒天を食前に食べることで、
食欲をおさえると同時に、
食物繊維の効果で便秘が改善し、
糖や脂肪が吸収されにくい
太りにくい体にしてくれます。

玄米ダイエット」は、
ご飯を玄米に変える方法です。
食物繊維が豊富で
栄養価も高いので、
便秘改善と美肌効果があります。

食べ物は、
主に食物繊維がポイントのようですね。

「これを食べたから痩せる」のではなく、
置き換えなくてはいけないので、
あなたにとって食べやすいものを
選ぶようにしましょう。

はちみつ黒酢ダイエット」は、
腸内善玉菌を増やしてくれるお酢と
豊富なアミノ酸による基礎代謝の活性化が
ダイエットに効果があります。

炭酸水ダイエット」は、
ただ炭酸水を飲むだけです。
満腹感が増し食欲を抑えられます。
また、体温を上げるので基礎代謝が上がり、
腸に刺激を与え便秘を改善します。

コーヒーダイエット」も、
ただコーヒーを飲むだけです。
コーヒーに含まれる成分が持つ
消化酵素の働きを促進させる作用や、
脂肪の分解を促進させる作用を利用して、
痩せやすい体へと変えていきます。

飲料では、
食物繊維ではない栄養素による
便通改善効果があるみたいですね。
基礎代謝をあげる効果と合わせて
ダイエットの効果が期待できるようです。

岩盤浴ダイエット」は、
45度前後の室内で岩盤の上に寝転がり、
身体を内側から温めることです。
デトックス効果と、
脂肪を燃焼するので
体質改善効果があります。

巻くだけダイエット」は、
ゴムバンドをウエストや上半身に
巻くだけです。
筋トレ効果と代謝を上げる効果が
ダイエットに有効です。

運動によるダイエットは、
代謝を上げることがポイントのようですね。
食事などでは得られない
姿勢の良さを求める方は
運動によるダイエットが
いいでしょう。

スポンサードリンク

▲流行のダイエット、魅力手強さとは

今回これらを書いている最中にも、
あれこれ情報を見ているだけで
「きゃー、コレ良さそう!」
と浮かれてしまった私です…。

最近、
姿勢が気になっているので
「巻くだけダイエット」には興奮しちゃって、
ついついAmazonでゴムバンドを
検索しちゃいました。

ネットなどで情報が蔓延しているし、
ボタン一つで必要なアイテムが
すぐ買えちゃう時代だからこそ、

安易に始めて継続しないという
良くない事態が起きているんじゃないかなー
って思うんですよね。

…自分がその一人ですが。

▲流行のダイエットとも、うまく付き合っていきましょう

今回まとめてみたダイエット方法ですが、
ほとんどが便通改善・基礎代謝アップによって
ダイエットの効果があるといったものばかりです。

話題になると、
ダイエット効果が
凄そうなイメージを持ちやすいですが、

もしかしたら、
どれも効果はさほど変わりないのかもしれません。

数あるダイエット方法の選択肢から、
あなたが継続しやすいものを選んで、
「継続していく」ことを目標に
取り入れていきましょう。

ここまでよんでくださり、本当にありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す