チリソースのダイエット成分&簡単手作りチリソースの作り方!


 

みなさん、こんにちはPisces12です♪

今回は『チリソース』についてご紹介いたします(*^^*)

 

 

◎チリソースについて

 

チリソースって名前だけ聞くと「辛いだけのソースなの?」と思いますが、チリソースは比較的マイルド系の辛味ソースです。

 

 

まずは、チリソースの原材料を見ていきましょう。

 

〈チリソース原材料〉

 

トマトソース

 

唐辛子

 

砂糖

 

 

スパイス

 

チリソースの原材料は、上記の材料を使用したとろみのあるソースで生春巻きや揚げ物のソースとして使用します。

 

 

スポンサードリンク

 

 

◎チリソースのカロリーについて

 

それでは、チリソースのカロリーもチェックしておきましょう!

 

 

チリソースカロリー:大さじ1杯 約115kcal

 

 

カロリーが高く感じますが、チリソースの栄養成分はビタミンやミネラル類の中でも特に「ナトリウム・ビタミンE」が多く含まれています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

◎チリソース成分のダイエット効果について

 

上記でも少し触れましたが、チリソースには「ナトリウム・ビタミンE」が多く含まれています。

 

ここから、チリソースに含まれる成分のダイエット効果を詳しくチェックしていきましょう!

 

 

ナトリウムのダイエット効果

ナトリウムのとりすぎは「浮腫み」の原因になることもありますが、不足するのもNG

 

特に運動を取り入れたダイエットを行っている方は、汗をかくことも多くナトリウムが排出されやすいため不足しないように適度な摂取を心がけましょう。

 

ミネラルを多く含むナトリウムには、体を温め体の水分バランスを保つ効果に期待できます。

 

 

 

ビタミンEのダイエット効果

ビタミンEはたんぱく質や脂質と相性が良く、一緒に食べることでビタミンEの吸収率があがります。

 

ビタミンEに含まれる「抗酸化作用」によって生活習慣病予防や筋力アップや維持、脂肪代謝にも必要不可欠な成分です。

 

同じ抗酸化作用を持つビタミンAやビタミンCとバランスよく摂取するとお互いを補い合うパワーが高まるのでより効果的です。

 

 

チリソースに含まれる上記の成分に「ダイエット効果」が期待できます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎簡単チリソースの作り方について

 

「今すぐチリソースが食べたい!けどチリソースがない・・・」という方にもオススメ!簡単チリソースの作り方をご紹介します。

 

 

簡単チリソース作り方

 

〈用意する材料〉

 

唐辛子1~2個

 

酢 50cc

 

みりん 20cc

 

砂糖 大さじ1~2

 

ケチャップorトマト缶 大さじ1

 

すりおろしニンニク 小さじ1

 

片栗粉 (お好みのとろみ用)

 

 

作り方

 

・片栗粉以外の材料を鍋に入れ煮つめる

 

・余分な水分がとんだら火を止め、片栗粉を入れとろみをつける

(片栗粉を入れる前にとろみがついていれば片栗粉なしでもOK)

 

 

こちらのレシピは1回使い切りの量なので、必要分だけ作れるのでお試し用にもちょうどいいですよね~!

 

唐辛子やにんにくは刻んであるものやチューブタイプのものを使えば、調理はほとんど必要ないので、ラクラク簡単に手作りチリソースが作れます!

 

 

 

 

 

 

 

◎まとめ

チリソースについてのまとめ✩

 

1.チリソースは「トマトソース・砂糖・塩・唐辛子・スパイス」が原材料

2.チリソースカロリー:大さじ1杯 約115kcal代表栄養成分「ナトリウム・ビタミンE」

3.ミネラルを多く含むナトリウムは体を温め、体の水分バランスを保ちます。運動時の汗で排出されやすいので、不足しないよう適度に摂取しましょう。

4.ビタミンEはたんぱく質や脂質と食べることで吸収率がアップ!生活習慣病や筋力アップ維持に必要不可欠な栄養成分でビタミンAやCと一緒にバランスよくとりましょう

5.簡単チリソースレシピは刻むすりおろす材料がなければ15分ほどで完成!調理工程が少なく食べきれるレシピ量でオススメです

 

それでは、今回のご紹介は以上です✩

最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者: Pisces12

はじめまして。 ダイエットをしてきた経験から、 ダイエットの辛さ、体重が減る嬉しさや、体重維持の 難しさなどを身をもって実感して来ました。 現在は18時以降食べないダイエットを実践中です。 そんな自分の経験を活かして、ダイエットに関する 事を記事に書いていこうと思います。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す