腰痛でも痩せたい! プールでのおすすめの歩き方とは?

 

 

 

筋トレ軽い運動

 

毎日続けることがダイエットには

 

一番いい方法です。

 

 

汗を流す習慣は

 

脂肪燃焼はもちろん、

 

健康にも効果的なので実践するべきです。

 

 

ですが、自分の意思とは関係なく

 

運動できない方もいます。

 

 

例えば腰痛です。

 

腰の痛みのせいで激しい運動ができなく、

 

日常的に運動不足になってしまう

 

という方もいると思います。

 

 

そんな方のために、

 

体に負担のかからない運動方法があります。

 

それがプールです。

 

 

水のなかで運動すれば、

 

体への負担も減りますし

 

それでいて、しっかり運動する

 

ことができます。

 

 

ですが、やったことがない方の中には

 

懐疑的な方もいると思いますので、

 

今回はプールを使った運動について

 

紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

プールでのウォーキングで痩せた人が
多いって本当?どう歩けば良いの?

 

 

プールを使った運動で痩せることなんて

 

できるのか、そもそも泳ぐのが苦手

 

という方もいると思います。

 

 

まず、プールでの運動は脂肪燃焼

 

期待できますし痩せることができます。

 

そして泳ぐのが苦手な人でも問題なく運動

 

することができます。

 

それがプールでのウォーキングです。

 

水の中は地上よりも常に抵抗があるため、

 

歩いたりするだけでも

 

しっかりした運動になります。

 

というのも、地上で歩くよりも

 

水の中で歩く方がカロリー消費が

 

多いからです。

 

たしかに水のなかでは歩きにくいですよね。

 

 

その歩き方ですが、

 

まず水のなかに入る前に

 

準備体操はしっかり行いましょう。

 

痩せるためにプールに入るのに

 

怪我や肉離れなどを起こして

 

しまっては元も子もありませんからね。

 

 

そして、水のなかで歩く際には

 

正しい姿勢を意識して、

 

大股で歩くようにしましょう。

 

できるだけ水の抵抗を感じるように歩くと、

 

さらに運動量が増えて

 

ダイエットには効果的です。

 

 

これなら泳げない人でも

 

簡単にできますよね。

 

スポンサードリンク

 

プールではイヤホンは禁止?
その隠された理由とは?

 

 

プールでよく見かけるイヤホン禁止

 

まぁ当たり前といえば当たり前ですが、

 

最近では防水で水がある環境でも

 

使えるようになってきたのに

 

なぜ禁止になったんだろうと

 

疑問に思ってしまいます。

 

もちろん施設によって規則は様々ですが、

 

なぜ禁止のところがあるのでしょうか?

 

これには明確な理由があります。

 

 

自治体が運営しているものであれば

 

特にですが、イヤホンをしている

 

運営のアナウンスが聞こえなくなる

 

ことが多いからです。

 

 

プールから出てほしい時や

 

注意喚起などが聞こえなくては

 

事故のもとになってしまいます。

 

 

ですので、イヤホンは禁止のプールが多い

 

みたいですね。

 

わざわざルールを破る必要もありませんし、

 

プールに入るときは

 

イヤホンを外して入りましょう。

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

プールは夏になれば風物詩の一つ

 

としても見られますが、

 

ダイエットにも効果的な施設です。

 

 

暑い日であれば涼しくて気持ちいいですし、

 

それでいて運動もできて最高の場所なので、

 

腰痛などでハードな運動ができない方は

 

ぜひ利用してみてください。

 

最後まで読んでくださって

 

ありがとうございました。