お蕎麦を食べてダイエットできるのか?


皆さんこんにちはPTsoujiです。日本古来からある食べ物にお蕎麦がありますが、今回はこのお蕎麦でダイエットのお話です。

◎はじめに

みなさんは蕎麦をご存知ですか?

日本人であれば知らない方はいないですね。最近は外国人観光客にも人気の蕎麦ですが、ダイエットと言われるとあまりイメージが沸かないのではないでしょうか?

飲食店などでよくあるやり取りとして「そばとうどんどっちにする?」や蕎麦派とうどん派に分かれることが多く、

私の経験では比較的年齢が若くガッツリ食べたい方々はうどんを好まれ、年齢が高めもしくは女性でダイエットを意識している方が蕎麦を好まれる傾向があります。

たしかにうどんは小麦粉で作られており炭水化物としてのイメージも強いため炭水化物イコール太るというイメージから、どちらかと言うとお蕎麦を選ばれているのかもしれません。

スポンサードリンク

◎蕎麦に含まれている成分

ではうどんイコール小麦粉・炭水化物の認識があるように蕎麦にはどのような成分が含まれているのでしょうか?

蕎麦の原料であるそば粉にはビタミンB1、B2、マグネシウム、亜鉛、鉄、ミネラル、ルチン、そしてタンパク質がうどんの原料の小麦粉に比べ豊富に含まれています。

そば粉に良質のタンパク質と言われるとイメージが沸きませんがそば粉のタンパク質が良質な理由はタンパク質の構成物質であるアミノ酸の複合バランスが非常に良いと言われています。

また小麦粉には含まれていない必須アミノ酸の一つであるリジンがそば粉には含まれています。

リジンは通常、動物性タンパク質に多く含まれており必須アミノ酸の一つです。必須アミノ酸は体内で生成することができないため、食物から摂取する必要があります。

リジンは足りなくなると疲れやすくなったり、めまい、貧血、肝機能低下から血中の飽和脂肪酸やコレステロールが増加しやすくなります。

スポンサードリンク

◎ダイエットに効果的なのか?

食事でのダイエットに大事なのはカロリーコントロールもそうですが、体質の改善が最も大事です。

そば粉に含まれている成分にもあるように、うどんの主材料である小麦粉に比べそば粉にはダイエットに効果的な栄養素が多く含まれていると言えます。

植物性タンパク質には珍しいリジンに加えルチンなどは毛細血管を強くすることが知られており、血圧の安定・新陳代謝の向上にもつながります。

スポンサードリンク

◎まとめ

いかがだったでしょうか?蕎麦を食べてダイエット。

先にもお話ししましたがうどん派蕎麦派に分かれることをよく耳にすることはあるとは思いますが、今回のお話しを聞いてダイエットに効果的なのは蕎麦だとみなさん感じられたことと思います。

蕎麦には食物繊維も豊富で腹持ちが良く便秘解消にも効果的、腸内環境を整え健康面にも良い効果をもたらします。

またビタミンも豊富に含まれていることから美肌効果も得ることができます。美味しいく蕎麦を食べながら体の中からキレイになるためにはとても良い食材と言えるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


投稿者: PT.souji

はじめまして。 職種は理学療法士で、休日はスポーツトレーナーとして活動しております。 理学療法士、介護福祉士、キネシオテーピング協会認定トレーナーの 資格を持っています。 身体のメカニズムから健康・ダイエット・栄養学・スポーツバイオメカニクス等を勉強しており、 それを活かしてスポーツトレーナーとしても個人、 団体のクライアント様へのサポートをさせていただいてます。 また、ダイエットの情報を発信することにより、 少しでもダイエットに悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。 どうぞよろしくお願い致します。

コメントを残す