「ブロッコリースプラウト」の効果

こんにちは。私はakikoというものです。

宜しくお願いします♪

ブロッコリースプラウト」というのはブロッコリーの新芽のことを指します。
スーパーでもよく見ますよね。
値段も安くて、私もよく買って料理に使います。

スポンサードリンク

◎実はあなどれなかった、ブロッコリースプラウト

私は安いからという理由だけで買っていたのですが、実は凄い食材なんです!
このブロッコリースプラウトはとても栄養価が高く『野菜の王様』とも呼ばれています。

この小さい野菜の中に微量に含まれている「スルフォラファン」は第七栄養素とも言われているぐらい重要成分の1つでもあります。

その成分が一番のポイントでもあります!

では、実際スルフォラファンにはどんな効果があるのか見ていきます。
大きく分けて4つの効果があります。

解毒作用
体内に侵入した有害物質を取り除き、もともと備わっている酵素の力を高めてくれます。

肝機能の改善と維持
アルコールを分解するときに出る毒素のアセトアルデヒドの代謝を促進する効果
肝臓の負担を軽減する効果

抗酸化
活性酸素の除去と抗酸化作用の活性化

花粉症の抑制
花粉症の原因物質の抑制や炎症の抑制の効果
以上の効果があります。健康な体を維持していくために、とても重要な成分が入っているのでたくさん摂取していきたいところです。

スポンサードリンク

◎毎日食べなくても大丈夫!そのヒミツ。

この栄養がたっぷりのスルフォラファンをいかに効率よく取っていくかも、大事なところにもなってきます。
まず、食べる頻度は3日に1回でOKです!!
こんなに体に良いものなので、出来るだけ毎日とった方が・・・と思うかもしれませんが
スルフォラファンによって作られた解毒酵素の働きは、なんと約3日間も持続するんです!
これはブロッコリーの20倍もあるそうです。

他のものはだいたい数時間でその効果を失ってしまうので、毎日とる必要がありますが
スルフォラファンは違います!

スポンサードリンク

◎生食がおススメ!その理由。

に生のまま良く噛んで食べます!
生で噛んで食べる事でミロシナーゼという酵素が分解され、反応しスルフォラファンに変化します。

そのミロシナーゼが熱に弱いのです。
なので加熱せず、そのままよくかんで食べるのが効果的です。

サラダとしてもいいかもしれませんがジュースや、今流行のスムージーで飲むとより効果的にスルフォラファンを摂ることができます。

ダイエットをしている方であれば、ブロッコリースプラウトは解毒作用もあるので便秘の改善としてももってこいの食材です。
食べ方は先ほどのように生で食べる事ですが、一緒に食べると良いおススメの食材がきのこ類と海藻類になります。

この2つはなんとカロリーが0カロリーなんです!

なのでたくさん食べてもカロリーを気にしなくてもいいのです。
ダイエット中はどうしても食事の量を減らしてしまい、便の量が少なくなり逆に便秘を起こしてしまいます。
また、かさも多いのと食べごたえもあるので満腹にもなりやすく制限しないといけないというストレスからも解放されるでしょう。

そのきのこを使った簡単おススメメニューです!

「きのことブロッコリースプラウト丼」
<材料>
ブロッコリースプラウト (根元をカット)・・・5g 前後
きのこ類 (しめじ・えのき・まいたけ等何でも)・・・60g
ミニトマト・・・2個
ご飯・・・お茶碗1杯強
塩、油・・・少々

<作り方>
ブロッコリースプラウトは洗ってしっかりと水気を切ります。
きのこ類は汚い所をとり、食べやすい大きさに切ります。
ミニトマトは4等分に切る。
フライパンに油を敷き、初めにきのこを炒めてしんなりしてきたら塩を振る。
次にミニトマトを入れ、さっと炒める。
ご飯に③を乗せ、ブロッコリースプラウトをのせれば出来上がり!

あっという間に出来るメニューなので時間が無くても、さっと作れます!
ダイエットしていない方でも美容と健康に良いものです。
なので女性にとって欠かせないものになります。

抗酸化作用によってシミやシワの予防も効果あります。
また先ほどの様に解毒作用による便秘改善で腸内環境をキレイにし、体の中から美しさを作っていく事も可能です。

これから3日に1回の食事の際に、おかずの上に添えてどんどん摂取していき美しい女性を目指しましょう!!

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

投稿者: akikokumano

事務の仕事をしています。以前はエステティシャンをしていました。 今まで仕事を通してお客様にアドバイスをしてきた知識はあります。 また自分でもダイエットをした経験もありますので活かせる仕事だと思い、 ダイエットの情報を発信していく事にしました。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す