ダイエット健康問題~メタボリックシンドローム~

皆様お疲れ様です。

速瀬です。

 

巷でよく効くメタボリックシンドローム。

肥満でお腹がぼーんとせりだしててヤバイとか、

そんなイメージしか正直ないんですが、

ここでちょっと、真剣にメタボリックシンドロームについて、

見てみようと思います!!

◎メタボリックシンドロームとは?

いろいろな所で見たり聞いたりするメタボリックシンドロームですが、メタボリックは「代謝」、シンドロームは「症候群」という意味です。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症のことで、

単に「内臓脂肪が多い状態」というだけでなく、高血圧、高血糖、高脂血症などの生活習慣病を発症している状態を指します。(恐ろしいですね!)

メタボリックシンドロームに陥ると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす元になり、実際に体脂肪率が高めの人は気を付けなければなりません。

日頃の悪い生活習慣、つまり運動不足や食べすぎなどが引き金となって起こるものといわれています。

この予防策としては、日頃からジョギングなどの有酸素運動をしたり筋肉ト レーニングをすることで運動不足にならないようにし、食生活も整え、身体に蓄積してしまった脂肪をなくすことです。

◎メタボ罹患率、中高年から急激に増えるみたいです…。

 

40歳を超えると、このメタボリックシ ンドロームが急激に増えると言われています。

そんな時期も、今では食生活の欧米化などのせいで関係なく、もっと若い世代の人たちまでもがそんなメタボリッ クシンドロームの可能性を秘め、

(可能性を秘めって、この場合は全然プラスの表現ではないですね…)

いわゆる「予備群」として存在しているといわれています。

メタボリックシンドロームに陥る原因は、言うまでもなく体脂肪が増加する身体ということは忘れてはならないことです。身体に体脂肪を蓄えていくという機能は、人間にとってはひとつの本能で、それは人が生きていくために必要不可欠なことです。

生まれながらにして太りやすい、体脂肪を貯めやすいという人もいて、そんな肥満遺伝子というものを持っている人は、そうでない人よ りもさらに「真剣」に食生活を改善し、整えていく必要があるでしょう。

肥満度が高すぎるという状態は、少なからず身体に悪い影響を与えてしまいますから、そう ならないようにしっかりと予防することが大切になります。

体脂肪率をきちんとチェックして、恐ろしいメタボリックシンドロームを防ぐようにしましょう。

 

いかがだったでしょうか?

 

命の危険すらあるということでは、真剣に健康のことを

考え、対策を実行する必要があると思います。

 

そういうことを実行していった結果、

あなたがいつまでも、メタボリックシンドロームとは

無縁なライフを送れますように♪

 

☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました♪

投稿者: hayase_momoka

名前:速瀬 桃香 性別:女性 年齢:30代 ひと言:現在ダイエットに励んでいます。 ひそかな目標は-20kg減らして、 ブログのタイトルを変更する事です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す