ダイエットの停滞期はどうやって乗り切る?

皆様お疲れ様です。

ダイエットで、体重が順調に減っている時はよいのですが、

ある時、急に減らなくなる体重。

 

それが、停滞期というものです。

 

この停滞期、これは

「ダイエットが順調ななによりの証」

なのですが、わたしたちダイエッターには、

本当に迷惑なしろものでしかないですね(苦笑)

 

ダイエットにはあって当たり前、でも非常にストレスにもなりかねない停滞期。

ではそんな停滞期に対するスタンスはどうあればいいのか、

ちょっと見ていきましょう。

 

◎順調なダイエットには、必ずやってくる停滞期!

順調に減量を行っていても、ある時突然体重の減少がぴたりと止まってしまうことがあります。

最初の頃はダイエットをやろうという意欲が高まっていても、体重が一向に減らないと、続ける気が失せてきます。

ダイエットをしていても体重が減らない時には、体重を減らすためにどんなに減量に精を出していても、効果が上がらないことがありま す。

 

今まで以上に食事量を減らしたり、ハードな運動をしても体重は減る兆しがないなど、ストレスのかかるダイエット方法をしている時に効果を実感することが出来なければ、精神的につらくなってしまい、途中で挫折する可能性が高くなります。

◎停滞期の乗り越え方とは

体重が急に減らなくなるのは不自然なことではなく、誰にも起こることです。これは、ホメオスタシスという身体機能に由来しています。

カロリー摂取量が極端に減ると、人間の体は「緊急事態が発生した!」と思って、ホメオスタシスによって体重が減りすぎないように働きます。

もしも、万が一の事態が生じてカロリーの補給が滞ったとしても、人は生きていけるように脂肪を燃やしてエネルギーにします。

最後の命綱である脂肪が極端に減ってしまうと、身体は 飢餓状態になってしまっていると判断して、エネルギーをなるべく使わない身体して、脂肪を維持しようとします。

このホメオスタシスの状態になったとして も、多くの場合は数週間から1ヶ月ほどで再び体重が減少し始めます。

しかし、この時点でダイエットを中止してしまうと、リバウンドが起きて一気に体重が元通りになるので、注意をしなければなりません。

飢餓状態を解除するために、ちょっとだけカロリー摂取量を増やすというやり方もあります。ですが、急に食事の量をダイエット前に戻すと、ダイエット前以上に脂肪がつくことがあります。

あとはどか食いチートデイという裏ワザもありますが、

こちらは体脂肪などの制約があるため、どなたでもというわけに

いかないのが悩みどころです。

いっそのこと、体重が減らないのが悩みなら、

一週間くらい、体重を量らない、というのも手かもしれません。

 

いずれにせよ、あんまりもがいても仕方のない期間なので、

いつもの食事、いつもの運動やストレッチ、いつもの毎日を

焦らず淡々と過ごしていきましょう。

 

きっと出口は、見えてくるはずですよ♪

 

いかがだったでしょうか?

私もどうやっても減らない体重に辟易したこと、数知れずです。

ただ、ずっと続くわけではないので、のんびり構えるしかないと思います。

 

それではあなたが、停滞期をスムーズに乗り切ることができますように…♪

☆*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・☆゜・*:.。.。.:*・

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました♪

投稿者: hayase_momoka

名前:速瀬 桃香 性別:女性 年齢:30代 ひと言:現在ダイエットに励んでいます。 ひそかな目標は-20kg減らして、 ブログのタイトルを変更する事です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す