ダイエットに効く【水分】! 飲むだけで痩せるコツ① タイミング編

皆様お疲れ様です。

今回は水分のお話です。

水分と言っても、お茶やコーヒーではなく「お水」です。

ダイエットには、お水を飲むと効果がある、と

聞いた事がある方は多いのではないのでしょうか?

 

ダイエットだけでなく、肌のくすみの解消など、

美容と健康にも寄与してくれる「お水」。

それではどんなタイミングで、どんな飲み方をすれば

効果がより引き出されるのか、調べてみました。

 

ここではとるべき「タイミング」について見ていきましょう。

 

◎朝の起き抜けに、一杯をぐいっと♪

こちらは、お酒でも飲みそうな勢いの表現ですが、お水のことです。

起き抜けに水を飲むことは、腸の働きを促し、便秘の解消に繋がります。

尚、ヒドイ便秘に悩んでいる方は、お水の「イッキ飲み」をおすすめします。

一気に飲んで胃に重力をかけ、その水の重みで腸を圧すことが大切なのです。

そうする事で、するりとお通じが来ることでしょう。

 

それと起き抜けに水を飲む大事な理由として、ヒトは寝ている間に200mlほどの汗をかいています。

失われた水分は、ちゃんと補給することが大事です。

 

◎食事の前に水分を♪

食事の前に水分を摂ることで、胃液も薄まるため食欲も落ち着き、「食べ過ぎ」を防いでくれるというメリットがあります。

尚、食事中に水をガブガブ飲む事はあまりおすすめしません。

その理由として、胃酸と消化酵素が薄まってしまうためです。

 

胃で消化しきれなかった食べ物は小腸に届けられます。

その未消化の食べ物を消化すべく酵素が使われてしまうのです。

 

酵素は「代謝酵素」と「消化酵素」にふりわけられています。

体内にある「潜在酵素」は優先して「消化」に使用されるために、「代謝」のほうが機能せず新陳代謝がダウンし、脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

話しを戻しますが、上記の理由から食事の30分前には、水分摂取をすませておくのが理想です。

 

◎日中、こまめに水分を摂る

出来ればこまめに、というのがポイントです。

一度にたくさん水分を摂りすぎますと、

水中毒(みずちゅうどく)になり、一度にたくさんの水を飲み過ぎることで脳のむくみ、嘔吐、痙攣(けいれん)などを生じ、症状が重い場合は死ぬこともあります。

ヒトの腎臓が持つ最大の利尿速度は毎分16ml、これを超える速度で水分を摂取すると水分過剰で細胞が膨化し、希釈性低ナトリウム血症を引き起こす水中毒に陥るのです。

恐ろしいですね。

関係ないですが、コップの水って勢いよく飲みすぎると

溺れますよね?

 

◎お風呂の前に、コップ1杯!

この一杯は、しっかり汗もかけて、老廃物の排出も助けるので

非常にダイエットに有効な一杯です。

女性は長くお風呂を楽しむこともあるかと思いますが、

それでしたらお風呂に入りながら水分補給をしたり、

お風呂から出たあとも飲んでもよいです。

 

◎寝る前に、寝酒ならぬ、寝水♪

水分は失われるとわかっている前に補給する事が肝要なのです。

運動する予定があるなら、その前後に飲むのが理想です。

同じ理屈で、寝る前にお水を飲むのはお勧めです。

ただし飲み過ぎはいけません。

夜中トイレに起きることになってしまいますので…。

 

今回はお水を飲む「タイミング」について見てみましたが、

いかがだったでしょうか?

 

生活の中にうまく水を飲むことを取り入れて、

あなたの美容と健康維持にお役立てくださいね♪

次は、水分の量など、水分についてもう少し詳しく見ていきましょう。


ここまで読んでくださり、

本当にありがとうございました♪

投稿者: hayase_momoka

名前:速瀬 桃香 性別:女性 年齢:30代 ひと言:現在ダイエットに励んでいます。 ひそかな目標は-20kg減らして、 ブログのタイトルを変更する事です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す