フランスパンダイエットって知ってる? 簡単レシピでおいしい生活!

 

 

日本では四角い食パンが主流ではありますが、パンが好きな方なら

 

フランスパンを朝食に持ってくる方も多いのではないでしょうか。

 

 

また、パン好きでなくても、スープやシチューなどの料理の際には

 

フランスパンをトーストして一緒に食べる方も多いと思います。

 

 

そんな使い方のされるフランスパンですが、小麦粉から作られた

 

炭水化物にもかかわらず、ダイエットとしての効果もあるのです。

 

 

今回は、フランスパンを使ったダイエットについて紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

フランスパで ダイエットしよう!
カロリーは高い? 低い?

 

 

フランスパンを食べてダイエットする、一見不可能に思えますが、

 

それができてしまうメカニズムがあるのです。

 

 

フランスパン自体では、カロリーはそれほど低くはなく、

 

もちろん炭水化物なので太る可能性もありますが、

 

それ以上にダイエットの効果があります。

 

 

まずは、その噛み応えです。

 

 

脂肪燃焼などを考える前に、食べる量を減らせば、

 

問題なく痩せられるのは誰でもわかると思いまが、

 

 

食べるのが早くて、あまり噛まないで食べていると、

 

食べ過ぎてしまって、結果として太ってしまいます。

 

 

そこで、フランスパンの硬さを利用するのです。

 

 

フランスパンは、ほかのパンと比べて固く、しっかり噛まなくては

 

のどに詰まってしまいますので、必要に駆られて何回も噛むことで、

 

満腹中枢を刺激して満足感を得ることができます。

 

 

これによって、全体の食事の量を減らすことができるため、

 

ダイエットにつながるというわけです。

 

 

そして、フランスパンはそのままで食べても、もちろんいいのですが、

 

野菜などをはさんでサンドイッチにすることもできます。

 

 

この調理の幅のおかげで、簡単に野菜を摂取することが

 

できるのもいいポイントです。

 

 

野菜だけ単体で食べるのは、なかなか難しいという方でも、

 

これなら簡単に野菜を食べることができます。

 

スポンサードリンク

 

フランスパンダイエット!
糖質制限の仕組みを知ろう!

 

 

よく聞く糖質制限ダイエット、これはどういう意味なのか、

 

そして、フランスパンを食べて、それが可能なのかについても、

 

紹介していきたいと思います。

 

 

まず、炭水化物などに含まれている糖質は、

 

体には必要なエネルギーですが、摂りすぎてしまうことで、

 

肥満につながってしまいます。

 

 

また、糖質を取ってしまうと痩せられない原因が

 

もう一つあります。

 

 

それは、エネルギーに使われる順番です。

 

 

糖質はエネルギーですが、

 

脂肪ももちろんエネルギーになり得ます。

 

 

燃焼する順番としては、糖質が先で脂肪が後になりますので、

 

糖質を取りすぎていて、かつ簡単な運動しかしない場合、

 

 

糖質のみがエネルギーに変換されて、脂肪燃焼まで届かない

 

という場合が多いので、

 

 

糖質を制限することで、運動を脂肪燃焼に向けさせるのが

 

糖質ダイエットになります。

 

 

フランスパンは、糖質を多く含んでいるため、基本的には

 

糖質ダイエットをすることができませんが、

 

 

全体の食事の量を減らすことによって、ダイエットをするという

 

方法を、フランスパンでは可能にしてくれます。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

 

フランスパンという、炭水化物ど真ん中の食品でも、

 

食べ方を工夫することによってダイエットすることができます。

 

 

炭水化物を食べながら痩せたいという方は、

 

ぜひ挑戦してみてください。

 

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。