ダイエッター必見!もちあわを使った簡単ダイエットメニュー!

こんにちはpisces12です♪

今回はダイエッターにも嬉しい食材、「もちあわ」についてご紹介いたします(*^^*)

◎もちあわってなに?

「もちあわ」という言葉が初見の方もいると思うので簡単に「もちあわ」についてご紹介しますね!

 

〈もちあわとは・・・〉

穀物のあわのことで、簡単にいうと”雑穀”部類になります!

お米売り場に”雑穀米”という商品があると思いますが、その雑穀米の中にもちあわも含まれている商品もありますよね(^-^)

雑穀米の中にも含まれているもちあわですが、単品でも購入することができます。

そして

なによりもちあわの良いところは長期保存が可能なことです!

元々乾燥した場所で育つので湿気は苦手ですが、湿気を防いで密閉容器などに

いれると1~2年の保存ができます!

購入しても急いで使い切らなくてもいいので助かりますね~。

見た目はとっても小粒なもちあわですが、栄養価にも期待できます(o^-^)

スポンサードリンク

◎もちあわの栄養

 

もちあわの代表的な栄養は

・良質なタンパク質

・食物繊維

・鉄分

・カリウム

・ビタミンE(白米の6倍)

・ビタミンB群

 

小粒な見た目とは打って変わって、自然の栄養がそのまま生かされています。

グルテンフリーダイエットをしている方にもおすすめの食材になります(*^_^*)

 

もちあわの味は素朴で優しい甘クセがみなく、食感はプチッモチッという感じなので、どんな料理にも合います♪

スポンサードリンク

 

 ◎もちあわでヘルシーダイエットメニュー♪

それでは、ここからもちあわを使ったヘルシーダイエットメニューをご紹介していきます♪

 

✩もちあわを代用して作れるダイエットメニュー✩

○もちあわコロッケ(じゃがいもの変わりにもちあわ使用)

○もちあわで唐揚げ(衣の変わりにもちあわ使用)

○もちあわグラタン・ピザトースト(チーズの変わりにもちあわ使用)

○もちあわぜんざい(お餅の変わりにもちあわ使用)

 

ダイエット中に食べることを躊躇してしまいそうなメニューにももちあわを代用することによって、ヘルシーに食べることが出来ます!

 

※もちあわはメニューによっては(適量のもちあわ+お水+塩)で炊く必要があります。

レンジで簡単に火を通すことも出来るので、手間はかかりません(^-^)

メニューに合わせてもちあわの下準備を行ってください。

 

上記で紹介したメニューはごく一部になります!

シンプルに白米と一緒に炊くこともできるので、あなたの興味のあるメニューからぜひ挑戦して見てください✩

スポンサードリンク

◎もちあわをオススメしたい方々♪

もちあわは白米よりも腹持ちが良いところもダイエッターにとっても魅力ですが・・・

様々な方に試していただきたい中で更に下記に当てはまる方はぜひお試し下さい!

 

もちあわを本当にオススメした方々✩

グルテンフリーダイエット/ダイエットメニューでお悩みの方

妊娠中の方(お子様の離乳食にも使用OKできます)

乳製品アレルギーがある方(もちあわ+豆乳で炊くと乳製品感がアップします!)

 

体質にお悩みのある方もヘルシーで高栄養なもちあわ安心して食べられるのでおすすめさせて頂きました✩

 

◎まとめ

それでは最後にまとめていきましょう(*^^*)

 

  1. もちあわは雑穀類(雑穀米の中にも含まれていますが単品でも購入可能)

  1. 湿気に気をつけて密閉容器で長期保存可能(最長1~2年)

  1. もちあわの栄養(・良質なタンパク質・食物繊維・鉄分・カリウム・ビタミンE・ビタミンB群)

  1. もちあわの味(・素朴で優しい甘みでクセがない・プチッモチとした食感)

  1. もちあわを代用したダイエットメニュー

(・コロッケ・からあげ・グラタン・ピザ・ぜんざい/白米と混ぜて炊くのもOK!)

  1. もちあわをオススメしたい方々!

(・グルテンフリーダイエット/ダイエットメニューにお悩みの方・妊娠中/お子様の離乳食にお悩みの方/・乳製品アレルギーのある方)

 

 

今回の紹介は以上になります(*^^*)

もちあわ」ぜひダイエットメニューに取り入れてみて下さい♪

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。