ダイエット中でも安心!ヤマザキパン和菓子製品から選ぶ!オススメ商品とは?

 

みなさん、こんにちはPisces12です♪

今回は『ヤマザキパン』についてご紹介いたします(*^^*)

 

 

◎ヤマザキパン・和菓子製品について

 

ダイエット中だと自覚はしていてもお買い物に行くと

 

「つい手にとってしまう・・・」商品と言えば

 

ヤマザキパンの和菓子製品ではありませんか?

 

 

 

〈ヤマザキパン・和菓子製品のカロリーについて〉

 

つい手に取りたくなる!

ヤマザキパン和菓子製品のカロリーをチェックしていきましょう。

 

 

串団子 3本入り

 

・3色団子 1本あたり:126kcal

 

・たれ     1本あたり:138kcal

 

・こしあん 1本あたり:156kcal

 

・つぶあん 1本あたり:153kcal

 

 

大福シリーズ

 

・苺大福 1個あたり:223kcal

 

・豆大福 1個あたり:226kcal

 

・草大福 1個あたり:275kcal

 

 

まんじゅうシリーズ

 

・草まんじゅう  1個あたり:226kcal

 

・黒糖まんじゅう 1個あたり:238kcal

 

・角きんつば   1個あたり:241kcal

 

・吹雪まんじゅう 1個あたり:283kcal

 

 

カロリーだけにスポットを当てると、ダイエット中には選びにくい商品が多いですよね。

 

ですが、ダイエット中だからこそ和菓子を選びたい!

和菓子にはダイエッターに選ばれるべき理由が秘められています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

◎ダイエット中だからこそ和菓子を選ぶ!

 

「ダイエット中なのに和菓子を食べてもいいの?」

 

と思われる方もいらっしゃると思うので、和菓子を選びたい理由についてご紹介しますね。

 

 

〈和菓子を選ぶ理由について〉

 

和菓子は洋菓子に比べると比較的ローカロリーで、糖質や脂質が少ない特徴があります。

 

和菓子に高確率で使用されている”あんこ”は元々”小豆”ですよね。

 

小豆には・・・

 

食物繊維

 

ビタミン類

 

ポリフェノール

 

鉄分

 

が豊富に含まれています。

 

 

◇ビタミン類は脂肪の代謝を活発にする作用

 

◇食物繊維には腸内環境を整え便通を改善する働き

 

◇ポリフェノールは活性酵素を除去する働きで体内の酸化を防ぎます

 

◇鉄分は女性に嬉しい貧血予防に効果的

 

そしてなにより小豆は腹持ちが良い!ところもダイエッターには嬉しいポイントです。

 

栄養満点の小豆を使用した和菓子は、ダイエット中の心の乱れや疲れを癒してくれる。

ダイエット中だからこそ選びたい!魅力ある理由が溢れています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

◎和菓子製品から選ぶならコレ!和菓子選びのポイントとは?

 

それでは、ダイエット中に和菓子を選ぶポイントをチェックしておきましょう。

 

〈和菓子選びのポイントについて〉

 

餅生地や生地が薄い和菓子を選ぶ

 

小豆を使用している和菓子を選ぶ

 

上記2つのポイントを抑えている!

ヤマザキパン和菓子製品で選びたい商品は・・・

 

苺大福

 

角きんつば

 

カロリー面だけをみれば、ハイカロリーに感じますが生地が薄く、小豆や果物の比率が多いですよね。

 

2品ともずっしりボリューム感もあるので、ほどよい甘みを感じながら満足感も得られます。

 

角きんつばはカットして食べることもできるので、一度では食べられないときにも重宝します。

 

 

 

〈ローカロリーで和菓子を楽しみたい方へ〉

 

ローカロリーで和菓子を楽しみたい方にオススメしたい商品はこちら

 

・栗かのこ  1個あたり:115kcal

 

・水ようかん 1個あたり:137kcal

 

ようかんは和菓子の中でもローカロリーで、栄養満点の小豆も含まれているので、小豆のダイエット効果も得られるダイエッターにやさしい商品です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

◎まとめ

ヤマザキパンについてのまとめ✩

 

1.ヤマザキパン和菓子製品は「串団子・大福・まんじゅう」300kcal未満で楽しめる和菓子が満載

2.和菓子に最も利用される小豆は「食物繊維・ビタミン類・ポリフェノール・鉄分」栄養満点です

3.小豆のダイエット効果は「脂肪の代謝を活発にする・便通改善・腹持ちが良い」貧血予防にも効果的

4.ヤマザキパン和菓子製品で選びたい商品は「苺大福・角きんつば」ローカロリーの「ようかん」もオススメです!

 

 

それでは、今回のご紹介は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。