気になる体脂肪はMCTオイルで解決!

こんにちは。私はakikoというものです。

宜しくお願いします♪

 

一時期ココナッツオイルはダイエットに良いというので、テレビや雑誌などでもよく取り上げられ話題にもなりましたね。

そのココナッツオイルよりも上位に当たるのが「MCTオイル」になります。

MCTオイルには、よりダイエット効果があるのです。

ココナッツオイルの上位版なので、ただ単により効果が出るだけじゃないの?
と思う人も多いでしょう。

まず「ココナッツオイル」と「MCTオイル」の違いをご説明しましょう。

スポンサードリンク

◎「ココナッツオイル」と「MCTオイル」の違い

一番の大きな違いは「中鎖脂肪酸」の割合です。

中鎖脂肪酸と言うのは、食べたものを素早く分解しエネルギーに変えます。体脂肪として蓄積されにくくする成分です。

その割合がココナッツオイルは約6割:MTCオイルは約10割。つまりMTCオイルは100%中鎖脂肪酸ということになります。

MTCオイルには、主食の炭水化物をやめ、おかずも糖質カットしないと出ない成分の「ケトン体」を大量に出してくれます。

ケトン体には、油を摂取すると脂肪を燃やしてくれるという嬉しい効果があるものです。

香りも違います。ココナッツオイルはご存知の通り独特の甘い香りがします。

MTCオイルはココナッツの香りはせず、無味無臭です。

ココナッツオイルでも体脂肪を蓄積されにくい割合が半分以上で凄いことなのに、
MTCオイルは100%というのは驚きますね。

さらに自分で出すことが難しい成分のケトン体まで出してくれるなんて言う事ありませんね。

では、MTCオイルの凄さをもう少し詳しくご紹介していきます。

スポンサードリンク

◎MTCオイルの効果

〇脂肪として蓄積されづらい
一般的な油と比べ4~5倍も早くエネルギーに代わります。
なので通常のエネルギー源はブドウ糖なのですが、それを待たずMTCオイルはエネルギー源としての働きをするのです。

〇脳神経疾患、発達障害の改善
ケトン体により脳神経を保護する役割があります。その働きにより
アルツハイマー
認知症
脳卒中
改善予防の効果があります。

〇美容効果
抗酸化作用を活性化する作用により
アンチエイジング
アレルギー・アトピーの改善
などの効果があります。

スポンサードリンク

◎MTCオイルの摂取方法

実際このような効果を得るためには、

どのような使い方をしていったらいいのでしょうか?

・サプリメント
・食事と一緒にとる。

MTCオイルは味にもクセがないので何にでも合います

なので、サラダのドレッシングや、おかずにかけたりコーヒーや紅茶に混ぜるのもいいでしょう。

しかし料理で使う際1点だけ注意をしなければならない事があります。

それは、加熱をしないことです。

加熱をすると低温でも煙が出てとても危険なので、そのままの状態で使うようにしましょう。

☆★おススメレシピ★☆

「和風ドレッシング」

材料
・MTCオイル・・・大さじ11/2
・玉ねぎ・・・1/2個
・醤油、酢・・・大さじ1
・塩・・・少々

作り方
①玉ねぎをみじん切りにし、レンジで1分半温めます。
②玉ねぎが冷めたら、残りの材料を全て入れて混ぜます。
③サラダなどにかけて出来上がり。

10分もかからず作れそうですね。
忙しい主婦の方にはもってこいかもしれません。

効果を得るためにも1日の摂取量も気をつけなければいけません。

MTCオイルの1日の摂取量は30gです。

だいたい1食あたり小さじ2杯ぐらいと考えるといいでしょう。
たったこの少ない量でも十分なんです。

逆にとりすぎてしまうと、胃のむかつきやお腹がゆるくなる場合もあります。
普段からお腹がゆるくなりがちの人は、もう少し、少量から始めていってもいいでしょう。

MTCオイルはすぐ手にもはいりやすく、楽天やAmazonなどのネットでも購入できます。

また、ネットに比べ量が少なく値段も少し高くはなりますがスーパーでも購入が可能です。

100%中鎖脂肪酸を取り入れることが出来るという物は、他には無いと思います。
これから健康のためにも取り入れていきたい物の1つですね。

ここまでよんでくださり、ありがとうございました。