骨盤を正せばダイエット効果だけでなく、老後の不安も解消できる!

こんにちは。さかいゆうです。

▲なぜ骨盤なのか

姿勢が悪いと内蔵の位置がズレてしまい、
内蔵が本来の働きが出来なくなるので、
代謝が低下して肥満の原因になります。

でも正しい姿勢よりも「骨盤を正す事の方が、
ダイエットとしては有名ですよね!

なぜ「骨盤」なのでしょうか。

それは骨盤が全ての臓器を支えており、
上半身と下半身を結んでいて、
お肉がつきやすいお腹付近に位置しているから。

骨盤を正せば全身が変わり、
一番気になる腰回りに変化が出やすいうえに、
方法がとっても手軽!

あっという間に人気ダイエット法に仲間入りした
骨盤ダイエットをまとめました。

スポンサードリンク

▲骨盤が歪む原因

骨盤は筋肉への負荷が偏ってしまったりして、
バランスが崩れた姿勢でいると歪みます。

荷物を片方に持っていたり、
足を組んでいたりしていませんか。

利き腕があるように、
一方の腕で荷物を持つと楽ですよね。

足を組んで座ると安定して落ち着きますよね。

これらはあなたのクセであって、
その位置で骨盤が安定するように歪んでしまったのです。

骨盤の歪みを放っておくと、
肩こりや腰痛などを引き起こし、
太りやすい体質になってしまいます。

骨盤ダイエットでは、骨盤周辺の筋肉を使う事で、
ぽっこりのお腹を改善したり、
お尻の脂肪を撃退する事が出来ます。

スポンサードリンク

▲骨盤の正しい位置

そもそも骨盤がどこに位置していたら正しいのか、
いまいち分からないですよね。

目に見えるものでもなければ、
触れられる部分でもありません…。

正常な骨盤は左右水平で前傾し真っすぐ前を
向いています。

足を組んでいたり荷物の負担が偏っていると、
このバランスが崩れてしまうという事は、
当然と言えますね。

エクササイズで「骨盤をたてる」と表現されますが、
これは正常な位置に骨盤を戻すという意味です。

▲骨盤矯正方法

それでは早速、その歪みを正して、
腰回りを集中的にシェイプアップしていきましょう!

骨盤ダイエットは注目度も高く、
自宅で簡単にできることから、
様々な方法が考案されています。

◎骨盤ダイエット×枕

バスタオル2枚を硬くグルグルに巻いて、
ひもで固定して枕を作ります。

両足を伸ばして座り、
枕をお尻に付けた状態で腰の後ろにおきます。

そのまま枕を抑えながら、
ゆっくり後ろへ体を倒します。

全身の力を抜いてリラックスした状態で、
おなかをへっこまして、
両足指をくっつけてハの字を作り、
両手は手のひらを下にして伸ばし
左右の小指を合わせます。

これを5分程キープします。
1日3回を目安に行いましょう。

◎骨盤ダイエット×クッション

家にあるクッションでもOKのエクササイズです。

厚手のクッションを用意して、
片側のお尻に当てて椅子に座ります。

お尻をクッションに乗せた方に腰を傾ける動作を、
左右20回ずつ行います。

 

◎骨盤矯正ダイエットグッズ

骨盤矯正に特化したダイエットマシーンも
種類豊富に出ていますが、
どれもただ座っているだけでいいので
ズボラさんにはオススメですね!

骨盤運動に適した傾斜のクッションに座って、
ゆらゆら運動するだけで、
骨盤が立って正しい位置に戻り、
美しい姿勢が手に入る優れものです。

私はズボラタイプなので、
家電屋さんで見かけるたびに
買いたい衝動に駆られます(笑)

見た目もオシャレで可愛いので、
ついつい欲しくなっちゃうんですよね!

ただ子供達におもちゃにされそうで怖くて、
未だ購入にはいたっていません。

骨盤ダイエットは、
骨盤を正しい位置を意識しながら行う事が大事なので、
正しい位置がいまいち分からない方などは、
このようなマシーンを利用してみるのも良いと思います。

スポンサードリンク

▲骨盤は体の要

腰回りは男女ともに大切な部分であり、
字のごとく「」です。

そして女性にとっては女性器の付近であり、
大変大切な場所です。

産後の骨盤矯正を医師が熱く指導するのも、
やはり大切な場所であるからですよね。

私も出産時には骨盤矯正を徹底させられました…
侮っていると、
高齢になった時に下の世話で困るそうです。

「んー…下の世話を娘にはさせたくないなぁ」
という思いで必死になりましたけどね!

骨盤の歪みを解消する事は、
ダイエット効果はもちろん、
健康のためにも大変重要です。

特に気にならないなんて侮っていないで、
老後のためにも始める事をおすすめします!

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

投稿者: さかいゆう

栄養士、ジュニアアスリートの資格を持ち、 アスリートフードマイスター運営のサイトでコラム執筆経験があります。 食事や料理、栄養については専門ジャンルですので得意です。それに合わせて、健康や美容についても自信があります。 プライベートでは現在、5歳と3歳の娘を持つ2児の母です。 ライターとして、少しでも有益な情報を発信していきたいと思っております。 宜しくお願いいたします。

コメントを残す